直交表作成プログラム
特徴
 著書『ソフトウェアテスト HAYST法入門』をプログラム仕様書とし、
 ・単純直交表
 ・相互排他禁則表からの直交表
 ・可変禁則表からの直交表
 ・多層階層禁則からの直交表 を作成するプログラムです。

本ソフトウェアはオープンソースとして公開しています。
自由にソースいじって下さい。

動作環境
 Windows Excel2002/2003、Excel2007/2010 で動作します。
 但し、64Bit版では動作しません。

制約事項
 ・FL表は水準値数はレベル6(線点図=三角)まで入力可能。
 ・相互排他禁則表はFL表の制限事項により、レベル4(線点図=線)までです。

ダウンロード
   Ver0.30 Excel2002/2003版 --- P直交表_V0.30_2003.lzh
   Ver0.30 Excel2007/2010版 --- P直交表_V0.30_2010.lzh
 
  ダウンロードしたら、メール下さい m(__)m

サポートしている水準値数(レベル)、直交表の作成時のサポート線点図の範囲等、制約条件が多いプログラムです。
特にレベル16(線点図=三角錐)の情報が1件しか登録されていない為、レベル16のFL表等の作成が出来ないプログラムとなっています。
レベル16(線点図=三角錐の情報をお持ちも方、連絡下さい。
今後ともバージョンアップする予定ですので可愛がって下さい。

[トップページ]