赤岳西壁北峰リッジ(赤岳主稜)
 (南八ヶ岳・2013年2月17日(日)・前夜発日帰り)
 冬期登攀初級(2級下・W-)
 その1 その2  その3 
雪山ハイクへ
山の手帳へ
山の手帳別冊へ
2.北峰リッジ(赤岳主稜)登攀〜つづき
(2)「下部岩稜」前半
●北峰リッジへは、「下部岩稜」の西側にあるチムニー(「上部岩稜」にあるチムニーと区別するため、便宜上「下のチムニー」と呼ぶ)から取付く。「下のチムニー」の背後は短いルンゼとなっており、これを抜けると外傾気味の狭いコルに出る(小さなピナクルがある)。コルから西方に少し斜上すると垂直な3m程のコーナーがあり、その下の小テラスが北峰リッジ1P目(30〜35m)の終了点。「下のチムニー」の登攀がルート全体の核心である(W-)。
●なお、北峰リッジの各終了点には、すべてペツルのハンガーボルトが打ってある。
●北峰リッジ2P目は、垂直なコーナーを一段上がり(V〜V+)、続くホールドの多い急な岩場を少し登ると、時折手を使う程度の傾斜が落ちた岩稜歩きとなる(Uくらい)。ほぼロープいっぱいのところにある稜上の岩に終了点が作ってあった。
●3P目も2P目後半同様、比較的緩い岩稜登り。終了点は「下の岩稜」の中間付近にある通称「中間の岩場」の取付。
 「下のチムニー」は、上下に2個のチョックストーン(以下CSと記述)が詰まっており、雪の少ないときはCSの下を潜れるとのことだが、今回は両CS間の隙間を抜けられたとしても(空身にならないと抜けられない)背後のルンゼに雪が多そうで、あまり得策には思えなかった。
 1P目はCS越え(W-)から
 時期によって(雪の状態・量)難易度がかなり変わる
そこで、前回同様CSを登って越えるのであるが、厄介なのは、足元の雪が柔らかいこと。

 CSを登る場合は、上のCSの上側に手をかけてマントリングで越えると思われるが、そのためには下のCSの両横にある一段高いスタンス立つことが必要。前回は締まった雪で簡単にそのスタンスに立てたのに、安定した雪のステップのない今回は、踏ん張りがきかない体勢から細かいホールドを頼りに上がるしか手立てがないように思えたからである。しばらく試行錯誤し、上のCSをアンダーで取ればよいことが分かったが、このピッチは前回より明らかに苦労した。妻の方は、上のCSに懸けたスリングを引いて当該スタンスに立ったらしいが(A0)、岩の隙間にスリングが食い込んで回収に梃子摺ったようだ。
CSの先のルンゼは雪が柔らかく、アックス1本と岩をホールドしながら容易に上がれた(前回は凍っていてダブルアックス)。
 2P目は、まず、コーナーの東面を登った。クラックが多く最初の支点はカムを使った(キャメロット#3)。ガバばかりで問題ないが、リーチがない人は、最初のフットホールドに立つのに苦労するかもしれない(不調の妻はここでも少し苦労したらしい)。コーナーを登りきると続く岩稜は、時折手を使うことがあるものの、基本的には歩けるほどの勾配。雪はあるが歩行に支障があるほどではなく、ホールド、ピン等も出ていた。下部岩稜の状況を見て、残雪期と大差なさそうなので登攀の続行を決める。
 北峰リッジ2P目/9P(50m弱)
出だしの3m程の垂直なコーナーが核心(V+位),上は雪の少ない緩い岩稜歩き
  3P目と後述の「中間の岩場」のある4P目は、比較的容易と記憶しており、コンテで歩いた(妻が先行)。
 なお、北峰リッジは全てスタカットで登った場合9Pとなる(最後の雪面もスタカットで登った場合)。以後のピッチ番号は、例えばコンテで歩いた3P目〜4P目は(3〜4P目)/9P)という形式で記述する。
 赤岳西壁北峰リッジ(赤岳主稜)
画像にカーソルを合わせると各ポイントの位置が表示されます。
(3)「下部岩稜」後半
●「下部岩稜」後半は、10m位の岩場(通称「中間の岩場」4P目/9P相当)と「上部岩稜の取付ルンゼ(仮称)」の登りで構成される(合計100m/2P)。
●「中間の岩場」は、階段状の凹角だが、部分的にV程度の登りがある(ピン有)。凹角を抜け、その先の草付混じりの岩場に4P目/9Pの終了点が作ってあった。
●「中間の岩場」を過ぎると、下部岩稜が不明瞭になり、往く手のやや左にはピラミダルな岩峰」が立ちはだかる。
●この岩峰は「上部岩稜」の一角であるが、登攀困難なため、一般的には上下両岩稜間に位置する草付混じりのルンゼ(「上部岩稜の取付ルンゼ(仮称)」)をツメまで登り、そこから「上部岩稜」に取付く。
●「取付ルンゼ」のツメは5〜6人は立てる細長いテラスとなっており、5P目/9Pの終了点がある。
●なお、北峰リッジ全体を通じ、ルートファインディングで問題となるのは、@「北峰リッジ取付」への「下降点」の特定と、このA「上部岩稜」の取付の特定である。
 3P目/9Pからコンテで歩いていたが、「中間の岩場」では何か所かある中間支点を利用し一部スタカットに切り替えて登った。
 (3〜4P)/9Pはコンテで歩く
3P目/9Pから左手前方に「ピラミダルな岩峰(上部岩稜)」が見え始める(左画像)。
中間支点が多いので適宜ランナーを取ったり、「中間の岩場」では部分的にスタカットに切り替えた(右画像)
 5P目/9P(「取付ルンゼ」)は、実力次第でコンテも可能と思われるが、私たちの未熟な雪上技術では不安があり、スタカットで登った。雪が多かったためか、下から見上げたときより急で前回より難しく感じた。上部で一か所灌木が出ているところがあり中間支点が取れたが、コンディション次第では(3月〜4月初旬の雪が多いとき)スノーバーを持っていると心強いかもしれない。
 写真を撮るためオーバーグローブを外し、うっかりそのまま登っていたが、風がないと寒さを感じない(感覚は勿論あり)。ホールドを覆っている雪を掃ったときも、低温下の乾いた雪のため全く濡れなかった(予備のインナーグローブは使用しなかった)。
 5P目/9Pは、雪の「取付ルンゼ」を登って「上部岩稜」の取付まで(50m)
 その1 その2  その3 
雪山ハイクへ
山の手帳へ
山の手帳別冊へ