日 本 百 名 山
日本百名山1998.12.21完登
はまると止められないジグソーパズル

※山行記録は1999年以降のものが中心です(∵山行記録を書き始めたのが1998年)。1998以前のものは、当時の山行手帳をベースに、後年纏めたルート・コースタイム・コメント等のメモです。
現在工事中

剱岳(別山乗越より)
最終更新 2017年5月20日
白馬岳主稜(6.北アルプス)2017年5月  
祖母山(10.九州)2017年2月 八ヶ岳赤岳東壁東稜(7.八ヶ岳)2017年3月
那須岳(3.那須)2016年11月 白峰三山偵察(8.南アルプス)2016年11月
丹沢山中川川大滝沢マスキ嵐沢(7.丹沢)2016年7月 丹沢山中川川西沢下棚沢(7.丹沢)2016年9月
北岳バットレスdガリー奥壁(8.南アルプス)2015年9月 北岳バットレスdガリー奥壁(8.南アルプス)2015年10月
穂高コブ尾根(6.北アルプス)2015年7月 丹沢山中川川大滝沢マスキ嵐沢(7.丹沢)2015年8月
八ヶ岳阿弥陀岳南稜(7.八ヶ岳)2015年1月 八ヶ岳赤岳天狗尾根(7.八ヶ岳)2015年4月 池山吊尾根から北岳(8.南アルプス)2015年5月
剱岳・チンネ左稜線(6.北アルプス)2014年9月 奥穂高岳ジャンダルム飛騨尾根(6.北アルプス
)2014年9月
奥穂高岳ジャンダルム飛騨尾根(6.北アルプス)
2014年10月
 
横岳西壁小同心クラック(7.八ヶ岳)2014年5月 横岳西壁大同心正面壁雲稜ルート(7.八ヶ岳)2014年7月 剱岳・長次郎谷右俣(6.北アルプス)2014年8月
横岳西壁石尊稜(7.八ヶ岳)2014年3月 谷川岳天神尾根(4.上信越国境)2014年3月 大山・剣ヶ峰(9.中国)2014年4月
丹沢山中川川大滝沢マスキ嵐沢(7.丹沢)2013年8月 北岳バットレス第4尾根主稜(8.南アルプス)2013年8月 北穂高岳滝谷ドーム中央稜(6.北アルプス)2013年9月
八ヶ岳稲子岳南壁左カンテ(7.八ヶ岳)2012年9月 赤岳西壁主稜(7.八ヶ岳)2013年2月 空木岳池山尾根(8.中央アルプス)2013年5月
八ヶ岳阿弥陀岳北稜(7.八ヶ岳)2012年4月 八ヶ岳横岳西壁中山尾根(7.八ヶ岳)2012年5月 八ヶ岳横岳西壁大同心北西稜(7.八ヶ岳)2012年7月
鳳凰山地蔵岳オベリスク(8.南アルプス)2011年8月 八ヶ岳横岳西壁中山尾根(7.八ヶ岳)2011年8月 常念岳・一ノ沢コース(6.北アルプス)2011年10月
赤岳西壁主稜(7.八ヶ岳)2011年4月 北穂高岳東稜(6.北アルプス)2011年5月 白馬岳(6.北アルプス)2011年7月
八ヶ岳横岳西壁石尊稜(7.八ヶ岳)2010年11月 丹沢山水無川支流源次郎沢(7.丹沢)2010年12月  丹沢山水無川本谷(7.丹沢)2011年3月
renewal(旧山の手帳からの移転等)
剣岳長次郎谷左俣(6.北アルプス)2000年8月
赤岳天狗尾根(7.八ヶ岳)1999年10月
北穂高岳東稜(6.北アルプス)2000年9月
宮之浦岳・開聞岳(10.九州)1998年12月
新雪の立山三山(6.北アルプス)1999年11月
剣岳源次郎尾根(6.北アルプス)2001年7月
谷川岳(4.上信越国境)2001年5月
光岳~上河内岳縦走(8.南アルプス)1998年11月
甲斐駒ヶ岳~鋸岳縦走(8.南アルプス)2003年9月

1.北海道

2.東北

3.那須、常陸、
尾瀬、日光

4.上信越国境

5.奥秩父、奥多摩

6.北アルプス

7.美ヶ原、八ヶ岳
丹沢、富士

8.御嶽
中央アルプス
南アルプス

9.北陸、近畿
中国、四国
10.九州 *百名山の山名は、深田百名山による名称
()は現在一般的なもの又は最高峰。

トップページへもどる


1.北海道  
登頂日は夫婦での
初登
無雪期
雪山
 利尻岳(山)
(1721m) 
〇登頂日1997.07.28
1997.07北麓野営場より往復
北麓野営場-長官山-利尻山(鴛泊コース往復)

利尻・トムラウシ
-
 羅臼岳
(1660m) 
〇登頂日1998.08.02
1998.08岩尾別温泉(木下小屋)より往復
(雌阿寒・羅臼・斜里・幌尻)
-
 斜里岳
(1545m) 
〇登頂日1998.08.03
1998.08清岳荘より旧道・新道周回
(雌阿寒・羅臼・
斜里・幌尻)
-
 阿寒岳
(雌阿寒岳1499m) 
〇登頂日1998.08.01
1998.08雌阿寒温泉より往復
(雌阿寒・羅臼・斜里・幌尻)
-
5 大雪山 
(旭岳2290m)
〇登頂日1996.09.15
1996.09旭岳温泉より往復
(十勝・・羊蹄山
-
 トムラウシ
(2141m)
〇登頂日1997.07.30
1997.07トムラウシ温泉より往復,幕営1泊2日(南沼幕営地)
トムラウシ温泉-カムイ天上-南沼キャンプ場(トムラウシ往復後・幕営)-往路下山(利尻・トムラウシ)
-
7 十勝岳   
(2077m) 
〇登頂日1996.09.14
1996.09望岳台より往復
(十勝・旭・羊蹄山
-
 幌尻岳
(2052m)
〇登頂日1998.08.05
1998.08幌尻山荘より戸蔦別岳・幌尻岳
2泊3(幌尻山荘泊)
振内先の林道ゲート-幌尻山荘(泊)-戸蔦別岳-幌尻岳-幌尻山荘(泊)-往路下山(雌阿寒・羅臼・斜里・幌尻)
-
9 後方羊蹄山 
(1898m)
〇登頂日1996.09.16
1996.09羊蹄山麓自然公園より往復
(十勝・旭・
羊蹄山
-
2.東 北
登頂日は夫婦での
初登
TOPへ戻る
無雪期 雪山
10 岩木山 
(1625m)
〇登頂日1998.10.02
1998.10岳コース8合目より往復
(岩木・八甲田・大朝日)
 
-
11 八甲田山 
(大岳1584m)
〇登頂日1998.10.03
1998.10酸ヶ湯温泉より
酸ヶ湯-大岳-毛無岱-酸ヶ湯周回
(岩木・八甲田・大朝日)
  
-
12 八幡平 
(1613m)
〇登頂日1996.11.02
1996.11見返峠より往復
(八幡平・岩手・早池峰)  
-
13 岩手山 
(2039m)
〇登頂日1996.11.03
1996.11焼走キャンプ場より往復
(八幡平・岩手・早池峰)
  
-
14 早池峰
  (早池峰山)
(1917m)
〇登頂日1996.11.04
1996.11河原坊より往復
河原坊-小田越-早池峰(往復)
(八幡平・岩手・早池峰)
  
-
15 鳥海山 
(新山2236m)
〇登頂日1997.08.30
1997.08象潟(きさがた)コース
1泊2日(御室泊)

鉾立-七五三掛-文殊岳行者岳-御室-新山-御室(泊)-七高山-行者岳-往路下山
-
16 月山 
(1984m)
〇登頂日1997.05.03
-
1997.05初旬(残雪期)・姥沢より往復
(月山・磐梯山)  
17 朝日岳 
(大朝日岳1870m)
〇登頂日1998.10.04
1998.10小朝日-大朝日-西朝日縦走
1泊2日(大朝日小屋)
日暮沢小屋-小朝日岳-大朝日小屋(大朝日岳往復・泊)-西朝日岳-竜門山-日暮沢小屋(岩木・八甲田・大朝日)
  
-
18 蔵王山 
 (熊野岳1841m)
〇登頂日1997.03.15
-
1997.03中旬(春期)ロープウェイ山頂駅より往復
1泊2日(避難小屋泊)
蔵王ロープウェイ山頂駅-熊野岳避難小屋(熊野岳往復・泊)-往路下山
19 飯豊山 
(飯豊本山2105m)
〇登頂日1997.06.08
  
-
1997.06初旬(残雪期)川入より本山往復
1泊2日(本山小屋泊)
川入キャンプ場-三国岳-飯豊本山小屋(飯豊本山往復・泊)-往路下山
  
20 吾妻山 
(西吾妻山2035m)
〇登頂日1996.12.31
-
1996.12末(厳冬期)天元台より西吾妻山往復
(磐梯・安達太良・西吾妻)
21 安達太良山
(鉄山1709m)
〇登頂日1996.12.30
-
1996.12末(厳冬期)奥岳あだたら高原スキー場より往復
(磐梯・安達太良・西吾妻)
22 磐梯山
(1819m)
〇登頂日1997.05.05
-
1996.12末(厳冬期)猪苗代スキー場より往復・敗退
(磐梯・安達太良・西吾妻)
1997.05初旬(残雪期)八方台より往復
(月山・磐梯山)
23 会津駒ヶ岳 
(2133m)
〇登頂日1996.06.03
-
1996.06初旬(残雪期)桧枝岐より往復
(燧ヶ岳・会津駒)
  
3.那須,常陸
尾瀬,日光
 
登頂日は夫婦での
初登
TOPへ戻る
無雪期 雪山
24 那須岳 
(三本槍岳1917m)
〇登頂日1995.05.07
1990.04大丸温泉-茶臼岳往復
2016.11茶臼・朝日・三本槍縦走
大丸温泉-峰の茶屋(茶臼岳往復)-朝日岳-三本槍岳-北温泉-大丸温泉

 
1995.05上旬(残雪期)茶臼・朝日・三本槍縦走
大丸温泉-峰の茶屋(茶臼岳往復)-朝日岳-三本槍岳-北温泉-大丸温泉

2005.01(厳冬期)三斗小屋温泉と茶臼・朝日,1泊2日(三斗小屋温泉泊)
大丸温泉-峰の茶屋(茶臼岳往復)-三斗小屋温泉(泊)-隠居倉-朝日岳-大丸温泉
25 筑波山 
(女体山876m)
〇登頂日1998.04.30
1998.04筑波神社より男体山-女体山-つつじヶ丘
 
 - 
26 燧ヶ岳 
(柴安嵓2356m)
〇登頂日1996.06.02
-
1996.06初旬(残雪期)尾瀬御池より往復
尾瀬御池-俎嵓-柴安嵓-往路下山

(燧ヶ岳・会津駒)
27 至仏山 
(2228m)
〇登頂日1996.10.26
1996.10鳩待峠より往復 
(至仏山皇海山) 
-
28 武尊山 
(沖武尊2158m)
〇登頂日1996.11.23
- 
1996.11(新雪期)武尊神社より往復
武尊神社-手小屋沢避難小屋-沖武尊-往路下山
29 赤城山 
(黒桧山1828m)
〇登頂日1995.04.10
-
1995.04上旬(残雪期)大洞より黒桧山・駒ヶ岳
30 男体山 
(2484m)
〇登頂日1995.12.11
-
1995.12上旬(新雪期)二荒神社より往復
31 奥白根山 
 (日光白根山)
(奥白根山2578m)
〇登頂日1996.2.12
-
1996.02上旬(厳冬期)湯元温泉より往復,1泊2日
湯元温泉-前白根山-五色沼避難小屋(泊)-奥白根山往復後往路下山
32 皇海山
(2144m)
〇登頂日1996.10.27
1996.10皇海橋より往復
(至仏山皇海山)
  
-
4.上信越国境
登頂日は夫婦での
初登
TOPへ戻る
無雪期
雪山
33 魚沼駒ケ岳
  (越後駒ヶ岳) 
(2003m)
〇登頂日1997.04.19
-
1997.04中旬(残雪期)駒ノ湯より往復
駒ノ湯-小倉山-駒ノ小屋(駒ヶ岳往復・泊)-
往路下山
34 平ヶ岳 
(2141m)
〇登頂日1997.09.13
1997.09鷹ノ巣より往復
登山口(鷹ノ巣)-台倉山-平ヶ岳-玉子石-池ノ岳-往路下山
  
 -
35 巻機山 
(1967m)
〇登頂日1998.04.12
-  
1998.04中旬(残雪期)井戸尾根より往復, 1泊2日
清水-井戸尾根-前巻機-巻機山避難小屋(巻機山往復・泊)-往路下山
36 谷川岳 
(オキの耳1977m)*
〇登頂日
1995.04.16トマノ耳

2014.03.25オキノ耳
 *深田久弥の『日本百名山』では谷川岳の標高は1963m(トマノ耳)とされている。
2001.05一ノ倉沢烏帽子岩南稜(鷹取スクール) 
 
1995.04(残雪期)天神平よりトマノ耳まで(往復)
2014.03(残雪期)天神平よりオキノ耳まで(往復)/雪洞泊(熊穴沢ノ頭手前のピーク)1泊2日 
 
37 雨飾山 
(1963m)
〇登頂日1995.05.30
-  
1995.05末(残雪期)小谷温泉より往復
小谷温泉-笹平-雨飾山(往復)
38 苗場山 
(2145m)
〇登頂日1997.10.04
1997.10祓川登山口(かぐらスキー場)より往復
  
 -
39 妙高山 
(2454m)
〇登頂日1995.10.23
1995.10燕温泉より往復
(高妻山→妙高山)  
1995.05下旬(残雪期)大倉乗越まで
高谷池ヒュッテ-黒沢池ヒュッテ-大倉乗越(滑落・敗退)-黒沢池ヒュッテ-富士見平-笹ヶ峰
(火打山妙高山)
40 火打山 
(2462m)
〇登頂日1995.05.21
2010.07笹ヶ峰より往復new幕営1泊2日(高谷池)  
1995.05下旬(残雪期)笹ヶ峰より往復
笹ヶ峰-黒沢-高谷池ヒュッテ(火打山往復・泊)
→妙高山へ
(火打山妙高山)
  
41 高妻山 
(2353m)
〇登頂日1995.10.22
1995.10戸隠キャンプ場より往復
(高妻山→妙高山)
  
 -
42 草津白根山 
(本白根山2171m)
〇登頂日1995.05.02
-  
1995.05初旬(残雪期)白根山レストハウスより白根山・本白根山を往復
(草津白根山四阿山)
43 四阿山 
(2354m)
〇登頂日1995.05.03
-  
1995.05初旬(残雪期)鳥居峠より
鳥居峠-花童子の宮-四阿山-的岩-鳥居峠

(草津白根山・四阿山)
44 浅間山 
(2568m)
〇登頂日1996.04.06黒斑山
-  
1996.04上旬(残雪期)車坂峠より黒斑山往復
 
5.奥秩父
奥多摩
登頂日は夫婦での
初登
TOPへ戻る
無雪期 雪山
45 両神山
(1723m)
〇登頂日1995.03.11
2009.04赤岩尾根(西上州)+両神山八丁尾根
赤岩橋-赤岩峠-赤岩尾根-八丁峠-八丁尾根-両神山-(作業道)-落合橋-赤岩橋(周回):落合橋付近のアカヤシオツツジが満開で綺麗 
1995.03上旬(春期)白井差口より往復
(両神山雲取山)
46 甲武信岳
(2475m)
〇登頂日1995.03.19
-
1995.03下旬(春期)モウキ平より往復
47 金峰山
(2598m)
〇登頂日1994.09.21
1994.09大弛峠より往復
2010.05小川山廻り目平より往復
 
-
48 瑞牆山
(2230m)
〇登頂日1994.09.18
1994.09瑞牆山荘より往復
  
-
49 雲取山
(2017m)
〇登頂日1995.03.12
-
1995.03上旬(春期)鴨沢登山口より往復
(両神山雲取山)
50 大菩薩岳
  (大菩薩嶺)
(2057m)
〇登頂日1995.01.16
-
1995.01中旬(厳冬期)裂石より
裂石-上日川峠-大菩薩峠-大菩薩嶺-福ちゃん荘-上日川峠-裂石
6.北アルプス
登頂日は夫婦での
初登
TOPへ戻る
無雪期 雪山
51 白馬岳 
(2932m)
〇登頂日1996.06.21
1997.08白馬三山と不帰ノ剣,1泊2日(天狗山荘泊)
猿倉-大雪渓-白馬三山-天狗山荘(泊)-不帰ノ剣-唐松岳-八方尾根下山
2011.07栂池自然園より往復new幕営1泊2日(頂上宿舎)
栂池自然園-白馬乗鞍岳-白馬大池-小蓮華山-三国境-白馬岳-村営頂上宿舎(幕営)-往路下山
1996.06下旬(残雪期)大雪渓を登り栂池へ,幕営1泊2日(頂上宿舎)
猿倉-白馬尻-村営頂上宿舎(幕営)-白馬岳-白馬大池-栂池自然園
 
2017.05上旬(残雪期)白馬主稜(バリエーション),幕営及び白馬山荘2泊3日
猿倉-白馬尻-主稜Ⅷ峰南東稜2000m地点(幕営)-主稜-白馬岳-白馬山荘(泊)-大雪渓-白馬尻-猿倉
52 五竜岳 
(2814m)
〇登頂日1995.08.02
1995.08唐松-五竜-鹿島槍縦走,2泊3日(五竜山荘幕営・キレット小屋泊)八方尾根-唐松岳頂上山荘(唐松岳往復)-五竜山荘(幕営)-五竜岳→鹿島槍へ
  
1998.05初旬(残雪期)遠見尾根より往復
(西遠見山幕営1泊2日)

2004.05初旬(残雪期)
遠見尾根より往復
(西遠見山幕営2泊3日・雨で停滞1日)
53 鹿島槍ヶ岳 
(2889m)
〇登頂日1995.08.03
1995.08唐松-五竜-鹿島槍縦走,2泊3日(五竜山荘幕営・キレット小屋泊)
五竜岳より→キレット小屋(雨天小屋泊)-八峰キレット-鹿島槍-爺ヶ岳-扇沢
 
2000.05初旬(残雪期)扇沢-爺ヶ岳南尾根より往復, 幕営1泊2日
扇沢出合-JP-爺が岳-冷池(幕営)-鹿島槍往復後往路下山
54 剱岳 
(2999m)
〇登頂日1994.10.01
  
1994.09~10立山・剱岳+池の平紅葉狩り,幕営3泊4日(雷鳥沢・別山平・真砂沢)
立山から→雷鳥沢-別山平-剱岳往復-別山平(幕営)-真砂沢-仙人池・池ノ平散策-真砂沢(幕営)-内蔵助谷出合-黒部ダム
2000.08長次郎谷左俣-剱岳(バリエーション)幕営2泊3日(真砂沢)
黒部ダム-内蔵助平-真砂沢(幕営)-長次郎谷-剱岳-別山平-真砂沢(泊)-往路下山
 
2001.07チンネ左稜線・八ツ峰6峰Aフェース(鷹取スクール)
2泊3日(真砂沢ロッジ泊・熊の岩幕営)
2001.08源次郎尾根(バリエーション)幕営2泊3日(別山平)
室堂-別山平(幕営)-平蔵谷出合-源次郎尾根(下部はルンゼルート)-剱岳-別山平(幕営)-往路下山
2006.08北方稜線(バリエーション)2泊3日(別山平幕営・池の平小屋泊)
室堂-別山平(幕営)-剱岳-北方稜線-小窓-池ノ平小屋(泊)-二股-真砂沢-別山平-室堂
2008.09八ツ峰6峰Cフェース上半縦走(バリエーション)
幕営2泊3日(熊の岩)
室堂-別山平-長次郎谷出合-熊の岩(幕営)-八ツ峰6峰Cフェース・主稜上半縦走-池ノ谷乗越-熊の岩(幕営)-往路下山
   
2014.08長次郎谷右俣(バリエーション)幕営3泊4日(真砂沢ロッジ)
黒部ダム-内蔵助平-真砂沢出合(幕営)-長次郎谷右俣-池ノ谷乗越岳-真砂沢出合(幕営)-長次郎谷-熊ノ岩(チンネアックは降雨敗退)-真砂沢出合(幕営)-往路下山
 
2014.09チンネ左稜線(バリエーション)幕営2泊3日(熊ノ岩)
室堂-雷鳥沢-別山乗越-剣沢-長次郎谷-熊ノ岩(幕営)-長次郎谷右俣-池ノ谷乗越岳-池ノ谷ガリー-三ノ窓-<チンネ左稜線登攀>-チンネの頭-チンネのコル-池ノ谷ガリー-池ノ谷乗越-長次郎谷右俣-熊ノ岩(幕営)--往路下山
 
- 
55 立山 
(大汝山3015m)
〇登頂日1994.09.30
1994.09~10立山・剱岳+池の平紅葉狩り,幕営3泊4日(雷鳥沢・別山平・真砂沢)
室堂--雷鳥沢--立山三山--雷鳥沢(幕営)→剱岳へ
 
1999.11下旬(新雪期)室堂-立山三山,幕営1泊2日(別山乗越)
室堂-別山乗越(幕営)-立山三山-一ノ越-室堂
56 薬師岳 
    (2926m)
〇登頂日1996.08.03
1996.08薬師-黒部五郎-鷲羽-水晶縦走,幕営3泊4日(薬師峠・三俣山荘)
折立-薬師岳-薬師峠(幕営)→黒部五郎岳へ
    
  -
57 黒部五郎岳
   (2840m)
〇登頂日1996.08.04
1996.8薬師-黒部五郎-鷲羽-水晶縦走,
幕営3泊4日(薬師峠・三俣山荘)
薬師峠-黒部五郎岳-三俣山荘(幕営)→鷲羽岳へ
  
  -
58 黒岳(水晶岳)
   (2986m)
〇登頂日1996.08.05
1996.8薬師-黒部五郎-鷲羽-水晶縦走
幕営3泊4日(薬師峠・三俣山荘)
鷲羽岳より→水晶-岩苔乗越-三俣山荘(幕営)-新穂高温泉
 
  -
59 鷲羽岳
(2924m)
〇登頂日1996.08.05
1996.08薬師-黒部五郎-鷲羽-水晶縦走
幕営3泊4日(薬師峠・三俣山荘)
黒部五郎より→三俣山荘(幕営)-鷲羽岳→水晶岳へ
  
  -
60 槍ヶ岳 
(3180m)
〇登頂日1993.09.05
1992.09槍沢から槍ヶ岳+天狗原散策,2泊3日Kさんkn(10年ぶりの山行)
上高地-槍岳山荘(泊)-槍ヶ岳往復-南岳-天狗原-徳沢(泊)-上高地
1993.09槍沢から槍ヶ岳+天狗原散策,1泊2日
上高地--槍岳山荘(槍ヶ岳往復後泊)--南岳--天狗原--槍沢--上高地
1994.10槍ヶ岳-北穂縦走,2泊3日
上高地-槍岳山荘(槍ヶ岳往復後泊)--南岳-天狗原往復-南岳小屋(泊)-大キレット-北穂-涸沢-(パノラマ新道経由)-上高地
1999.07西穂-奥穂-北穂-槍ヶ岳縦走 3泊4日
ロープウェイ西穂高口-西穂山荘(泊)-西穂-奥穂-北穂小屋(泊)-南岳-槍岳山荘(槍ヶ岳往復・泊)-新穂高温泉
2002.09北鎌尾根(バリエーション) 
幕営2泊3日+車回収1日

中房温泉-大天井ヒュッテ-貧乏沢下降-北鎌沢出合(幕営)-北鎌沢のコル-独標-P14(幕営)-北鎌平-槍ヶ岳-槍岳山荘-明神(泊)-上高地
2010.09北鎌尾根(バリエーション)new
2泊3日(北鎌沢出合幕営,槍ヶ岳山荘泊)
上高地-水俣乗越-天上沢-北鎌沢出合(幕営)-北鎌沢右俣-北鎌尾根-槍ヶ岳-槍ヶ岳山荘(泊)-東鎌尾根-殺生ヒュッテ-槍沢-上高地
1998.11初旬(新雪期)槍沢から槍ヶ岳,1泊2日
上高地-槍岳山荘(泊)-槍ヶ岳往復
-往路下山

 
61 穂高岳
(奥穂高岳3190m)
〇登頂日1992.10.03奥穂高岳

   
1974.8(西穂)
1979.8/1980.7/1981.10上高地-涸沢-奥穂 父と
1992.10北穂-奥穂-前穂+涸沢紅葉狩り,3泊4日Mon北アデビュー
上高地-涸沢ヒュッテ(泊)-涸沢散策-涸沢ヒュッテ(泊)-北穂-奥穂-穂高岳山荘(泊)-前穂-岳沢-上高地
1994.10槍ヶ岳-北穂縦走2泊3日
上高地-槍岳山荘(泊)-槍ヶ岳往復-南岳-天狗原往復-南岳小屋(泊)-大キレット-北穂-涸沢-(パノラマ新道経由)-上高地
1995.09焼岳-西穂-奥穂縦走2泊3日
中の湯-焼岳-西穂山荘(泊)-西穂-奥穂-白出ノコル-涸沢ヒュッテ(泊)-涸沢紅葉狩り-横尾-上高地
1997.10涸沢紅葉狩り1泊2日(涸沢ヒュッテ泊)
1999.07西穂-奥穂-北穂-槍ヶ岳縦走3泊4日
ロープウェイ西穂高口-西穂山荘(泊)-西穂-奥穂-北穂小屋(泊)-南岳-槍岳山荘(槍ヶ岳往復・泊)-新穂高温泉
2000.09北穂東稜(バリエーション)renewal幕営2泊3日
上高地-涸沢(幕営)-北穂東稜-北穂-南稜-涸沢(幕営)-涸沢散策-往路下山
2001.08前穂北尾根(バリエーション)幕営2泊3日
上高地-涸沢(幕営)-5・6のコル-北尾根-前穂-奥穂-白出のコル-涸沢(幕営)-往路下山
2007.09前穂北尾根(バリエーション)+明神岳主稜(バリエーション)
2泊3日+上高地散策1日
上高地-涸沢ヒュッテ(泊)5・6のコル-北尾根-前穂-奥穂-穂高岳山荘(泊)-紀美子平-明神岳分岐-明神岳主峰2峰-5峰台地-西南稜-上高地
2009.08奥穂南稜(バリエーション)+奥穂西穂縦走
2泊3日(岳沢幕営・穂高岳山荘泊)
上高地-岳沢(幕営)-南稜-奥穂高岳-穂高岳山荘(泊)-奥穂-天狗のコル-西穂-西穂山荘-上高地
2009.10明神岳主峰東稜・前穂高岳(バリエーション)
幕営1泊2日
上高地-明神-ひょうたん池-らくだのコル(幕営)-明神岳主峰-前穂高岳-岳沢-上高地
2010.9奥穂南稜(バリエーション)幕営2泊3日
上高地-岳沢(幕営)-南稜(ルンゼルート~トリコニーⅠ・Ⅱ)-南稜の頭-紀美子平-岳沢(幕営)-上高地
2013.9北穂滝谷ドーム中央稜(バリエーション)new幕営2泊3日
上高地-涸沢(幕営)-北穂南稜-北穂分岐-第三尾根下降点-T2-中央稜取付-中央稜登攀(190m・5P・Ⅴ)-ドームの頭-ドーム北穂側基部-北穂分岐-涸沢(幕営)-往路下山
2014.9奥穂ジャンダルム飛騨尾根(バリエーション)new幕営2泊3日
上高地-岳沢(幕営)-天狗沢-天狗のコル-コブ尾根の頭--αルンゼ下降--飛騨尾根C稜T2--C稜登攀(100m・2P・Ⅲ)--C稜T1--ジャンダルム-コブ尾根の頭-天狗のコル-岳沢(幕営)-上高地
2014.10奥穂ジャンダルム飛騨尾根(バリエーション)new幕営1泊2日
上高地-岳沢-天狗沢-天狗のコル(幕営)-コブ尾根の頭--αルンゼ下降--飛騨尾根C稜T3--C稜登攀(200m・5P・Ⅲ)--C稜T1--ジャンダルム-コブ尾根の頭-天狗のコル-岳沢(幕営)-上高地
2015.06明神岳主峰東稜・主稜縦走(バリエーション)new幕営1泊2日
上高地-明神-ひょうたん池--第一階段--ラクダのコル--バットレス登攀--明神岳主峰--Ⅱ峰登攀--Ⅳ峰(幕営)--Ⅴ峰--Ⅴ峰台地--(南西尾根)--岳沢道7番標識-上高地
2015.07穂高コブ尾根(バリエーション)new幕営1泊2日
上高地-岳沢--コブ沢--コブ尾根上で幕営--マイナーピーク--コブⅠ峰登攀--ⅠⅡのコル--コブⅡ峰--コブⅢ峰--コブ尾根の頭-天狗のコル-天狗沢-岳沢-上高地
 
1996.05初旬(残雪期)小豆沢-奥穂2泊3日
上高地-涸沢ヒュッテ(泊)-奥穂-涸沢ヒュッテ(泊)-上高地
1997.11初旬(新雪期)北穂沢-北穂2泊3日
上高地-涸沢ヒュッテ(泊)-北穂・北穂小屋(泊)-往路下山
1999.05初旬(残雪期)北穂沢-北穂,1泊2日
上高地-涸沢-北穂・北穂小屋(泊)-往路下山
2005.04下旬(残雪期)小豆沢-奥穂・涸沢岳,2泊3日
上高地-涸沢ヒュッテ(泊)-奥穂・涸沢-穂高岳山荘(泊)-往路下山
2011.05初旬(残雪期)北穂東稜(バリエーション)new幕営2泊3日
上高地-涸沢(幕営)-北穂東稜-北穂高岳-北穂沢-涸沢-横尾(幕営)-上高地

62 常念岳
(2857m)
〇登頂日1994.10.24
  
1980.8徳沢より蝶・常念縦走 幕営2泊3日
上高地-徳沢-蝶ヶ岳ヒュッテ(幕営)-蝶ヶ岳-常念岳-蝶ヶ岳ヒュッテ(幕営)-往路下山
1992.10三股より蝶・常念縦走 1泊2日 kn単独
三股-蝶ヶ岳ヒュッテ(泊)-蝶ヶ岳-常念岳-前常念-三股 
1994.10三股より蝶・常念縦走,蝶ヶ岳ヒュッテ泊1泊2日
三股-蝶ヶ岳ヒュッテ(泊)蝶-常念-三股
 
2011.10一ノ沢コースより常念岳new
ヒエ平-常念乗越-常念岳-往路下山(ウェストントレース)
-
63 笠ヶ岳
   (2897m)
〇登頂日1996.08.25
1996.08笠新道より往復,幕営1泊2日  
新穂高温泉-笠新道登山口-抜戸岳分岐-笠ヶ岳山荘(幕営)-笠ヶ岳-往路下山
-
64 焼岳
   (2455m)
〇登頂日1995.09.28
1995.09焼岳-西穂-奥穂縦走 2泊3日 
中の湯-焼岳-西穂山荘(泊)-西穂-奥穂-白出のコル-涸沢ヒュッテ(泊)-涸沢紅葉狩り-横尾-上高地
-
65 乗鞍岳
(剣ヶ峰3026m)
〇登頂日1995.06.30
1979.7畳平より往復
1995.06畳平より往復
-
7.美ヶ原
八ヶ岳,丹沢
富士
登頂日は夫婦での
初登
TOPへ戻る
無雪期 雪山
66 美ヶ原
(王ヶ頭2034m)
〇登頂日1998.09.01
1986.5
1998.09美ヶ原高原より王ヶ鼻・王ヶ頭

2006.10美ヶ原高原より王ヶ鼻・王ヶ頭
  
-
67 霧ヶ峰
(車山1925m)
〇登頂日1994.08.24
1994.08車山バス停より車山往復
蓼科山より→車山バス停-車山
2006.10車山バス停より
車山バス停-車山-蝶々深山 
- 
68 蓼科山
(2530m)
〇登頂日1994.08.24
1994.08 7合目より往復
蓼科山7合目-将軍平-蓼科山→霧ヶ峰へ
  
-
69 八ヶ岳
(赤岳2899m)
〇登頂日1993.10.2
(赤岳)

   
1993.10赤岳-横岳-硫黄岳縦走 Kさん、kn&mon
稲子湯-本沢温泉-夏沢峠-赤岳鉱泉(泊)-赤岳-横岳-硫黄岳-夏沢峠-往路下山
1999.09権現岳-赤岳縦走
天女山入口-権現岳-キレット小屋(幕営)-赤岳-往路下山
1999.09阿弥陀南稜(バリエーション)
舟山十字路-立場山-無名峰-P3基部-P3巻道(ルンゼ)-阿弥陀岳-御小屋山-舟山十字路
1999.10赤岳天狗尾根(バリエーション)
美し森-川俣川林道-地獄谷-赤岳沢出合-天狗尾根取付-カニのハサミ-大天狗・小天狗-天狗尾根の頭-赤岳-真教寺尾根下山-美し森
2000.08阿弥陀南稜(バリエーション)
舟山十字路-立場山-P3基部-P3の頭(直登ル-ト)-阿弥陀岳-御小屋山-舟山十字路
2002.08阿弥陀南稜(バリエーション)
舟山十字路-立場山-P3基部-(P3直登ル-ト)-阿弥陀岳-(P3巻道)-P3基部-往路下山
2010.07下旬横岳西壁小同心クラック(バリエーション)
美濃戸-赤岳鉱泉-大同心稜-大同心基部-小同心左岩峰基部-小同心クラック-小同心の頭-横岳主峰(奥の院)-台座の頭-奥の院-地蔵の頭-行者小屋-中山乗越-赤岳鉱泉(幕営)-美濃戸
2011.08下旬横岳西壁中山尾根(バリエーション)
美濃戸口-美濃戸-行者小屋-中山乗越-下部岩壁取付-中山尾根登攀-日ノ岳-地蔵ノ頭-行者小屋-往路下山
2012.07中旬横岳西壁大同心北西稜(バリエーション)new
美濃戸-赤岳鉱泉-大同心稜-大同心基部-大同心北西稜登攀-大同心の頭-大同心ルンゼ-大同心基部-往路下山
2012.09下旬稲子岳南壁左カンテ(バリエーション)new
麦草峠-白駒池-ニュウ-稲子岳-南壁基部-南壁左カンテ登攀-稲子岳-往路下山
 
2014.07中旬横岳西壁大同心正面壁雲稜ルート(バリエーション)new
美濃戸-赤岳鉱泉-大同心稜-大同心基部-正面壁雲稜ルート登攀-大同心の頭-大同心基部-往路下山
1996.01中旬(厳冬期)美濃戸口より赤岳
kn単独日帰り往復
1998.01下旬(厳冬期)美濃戸口より阿弥陀岳
→敗退、赤岳鉱泉(泊)
1999.02中旬(厳冬期)
阿弥陀岳/赤岳横岳硫黄岳縦走

美濃戸口-赤岳鉱泉(阿弥陀岳往復・泊)-赤岳-横岳-硫黄岳-赤岳鉱泉-往路下山
1999.03下旬(春期)美濃戸口より赤岳
2000.01初旬(厳冬期)権現岳-赤岳縦走
天女山入口-権現岳-キレット小屋(幕営)-赤岳-行者小屋-美濃戸口
2001.04上旬(残雪期)阿弥陀南稜(バリエーション)幕営1泊2日
舟山十字路-立場山-無名峰(幕営)-P3基部-P3巻道(ルンゼ)-阿弥陀岳-往路下山
2002.04中旬(残雪期)阿弥陀南稜(バリエーション)幕営1泊2日
2007.02上旬(厳冬期)美濃戸口より赤岳
赤岳鉱泉幕営1泊2日
2008.02上旬(厳冬期)美濃戸口より赤岳
行者小屋幕営1泊2日
2009.02下旬(厳冬期)渋の湯より天狗岳
黒百合ヒュッテ幕営1泊2日
2009.04上旬(春期)阿弥陀北稜(バリエーション・日帰り)
美濃戸口-美濃戸-行者小屋-北稜取付-ジャンクションピーク-第一岩稜-第二岩稜-阿弥陀岳-中岳のコル-中岳-文三郎道-行者小屋-往路下山
2010.04上旬(残雪期)横岳西壁石尊稜(バリエーション)
ビバーク1泊2日・敗退
2010.11中旬(新雪期)横岳西壁石尊稜
(バリエーション)赤岳鉱泉幕営1泊2日
美濃戸-赤岳鉱泉-柳川北沢右俣-石尊稜-石尊峰-地蔵の頭-行者小屋-中山乗越-赤岳鉱泉-美濃戸
2011.04中旬(残雪期)赤岳西壁北峰リッジ(赤岳主稜)
(バリエーション・日帰り)
美濃戸口-美濃戸-行者小屋-文三郎尾根中間部-赤岳沢右ルンゼ(トラバース)-北峰リッジ-赤岳北峰-南峰-文三郎道-行者小屋-往路下山
2012.04上旬(春期)阿弥陀北稜(バリエーション・日帰り)new
美濃戸口-美濃戸-行者小屋-北稜取付-ジャンクションピーク-第一岩稜-第二岩稜-阿弥陀岳-中岳のコル-中岳沢-行者小屋-往路下山
2012.05上旬横岳西壁中山尾根(バリエーション・日帰り)new
美濃戸-行者小屋-中山乗越-下部岩壁取付-中山尾根登攀-日ノ岳直下-地蔵ノ頭-行者小屋-往路下山
2013.02中旬(厳冬期)赤岳西壁北峰リッジ(赤岳主稜)
(バリエーション・日帰り)
美濃戸口-美濃戸-行者小屋-文三郎尾根中間部-赤岳沢右ルンゼ(トラバース)-北峰リッジ-赤岳北峰-南峰-文三郎道-行者小屋-往路下山
2014.03中旬(春期)横岳西壁石尊稜
(バリエーション)赤岳鉱泉幕営1泊2日
美濃戸口-赤岳鉱泉-柳川北沢右俣-石尊稜-石尊峰-地蔵の頭-行者小屋-赤岳鉱泉-美濃戸口
2014.05上旬(残雪期)横岳西壁小同心クラックnew
(バリエーション)赤岩の頭下でフォーストビバーク1泊2日
美濃戸-赤岳鉱泉-大同心稜-小同心左岩峰基部-小同心クラック-小同心の頭-横岳主峰(奥の院)-硫黄岳-赤岩の頭-(フォースト・ビバーク)-赤岳鉱泉-美濃戸
2015.01下旬(厳冬期)阿弥陀南稜(バリエーション)日帰りnew
舟山十字路-旭小屋-立場山-無名峰-P3基部-P3巻道(ルンゼ)-阿弥陀岳-御小屋山-舟山十字路
 
2015.04赤岳天狗尾根(バリエーション)日帰りnew
美し森-川俣川林道-地獄谷-赤岳沢出合-天狗尾根取付-カニのハサミ-大天狗・小天狗-天狗尾根の頭-ツルネ東稜下降-赤岳沢出合-美し森
2016.03赤岳天狗尾根(バリエーション)1泊2日new
美し森-川俣川林道-出合小屋(泊)地獄谷-赤岳沢出合-天狗尾根取付-カニのハサミ-大天狗・小天狗-天狗尾根の頭-ツルネ東稜下降-赤岳沢出合-美し森
2017.03赤岳東壁東稜(バリエーション)2泊3日new
大泉清里スキー場-パノラマリフト終点-賽の河原(真教寺尾根)-牛首山-扇山-2480mBC(幕営)--2500m地点--大門沢左俣--赤岳東稜2500m--第一岩峰(草付ルンゼ直登)--雪稜(200m)--第二岩峰(左側壁より巻く)--第三岩峰--赤岳竜頭峰-キレット真教寺尾根分岐--(50mスタカット*2P+25m懸垂下降*2P+クライムダウン2P)--2500m地点-2480mBC(幕営)-往路下山
70 丹沢山
(蛭ヶ岳1673m)
〇登頂日1993.09.15
    蛭ヶ岳
1992.09ヤビツ峠より搭ノ岳往復
1993.09搭ノ岳-丹沢山-蛭ヶ岳縦走
大倉-搭ノ岳-丹沢山-蛭ヶ岳(往復)
1993.11桧洞丸-蛭ヶ岳縦走
西丹沢-桧洞丸-蛭ヶ岳(往復)
2003.08大山
2010.05水無川本谷+源次郎沢
戸沢-水無川本谷遡行(F5まで)-書策新道交差地点-源次郎沢入渓点-源次郎沢遡行(F5より先は左俣遡行)-大倉尾根1200m-天神尾根分岐-戸沢 
2010.12水無川支流源次郎沢
戸沢-源次郎沢出合-源次郎沢右俣遡行-源次郎尾根1320m地点-大倉尾根-花立山荘-天神尾根-戸沢 
2011.03水無川本谷
戸沢-水無川本谷遡行-塔ノ岳-金冷シ-大倉尾根-天神尾根-戸沢
2013.08大滝沢マスキ嵐沢
畦ヶ丸方面登山道入口-マスキ嵐沢遡行-稜線-鬼石沢右岸作業道-
一軒屋避難小屋-畦ヶ丸方面登山道入口
2015.08大滝沢マスキ嵐沢new
大滝沢右岸側林道路肩-畦ヶ丸方面登山道入口--マスキ嵐沢遡行--稜線--権現山--権現山南尾根--畦ヶ丸方面登山道入口
2016.07大滝沢マスキ嵐沢new
大滝沢右岸側林道路肩-畦ヶ丸方面登山道入口--マスキ嵐沢遡行--稜線--畦ヶ丸・西沢登山道合流点-西丹沢自然教室
2016.09西沢下棚沢new
西丹沢自然教室--下棚(F1)--畦ヶ丸下棚巻道入口(入渓点)--下棚沢遡行---畦ヶ丸-善六のタワ-西丹沢自然教室
2014.01水無川モミソ沢アイゼントレーニングnew
戸沢山荘-新ノ芽沢の橋-新ノ芽沢出合-モミソ沢出合-モミソ沢遡行(アイゼントレーニング)-大倉尾根-天神尾根-戸沢山荘
  
71 富士山
(剣ヶ峰3776m)
〇登頂日1994.08.17
1994.08富士宮登山口より往復
(富士山・北岳・間ノ岳)  
  -
72 天城山
(万三郎岳1406m)
〇登頂日1996.12.013
1996.12天城高原ゴルフ場より
天城高原ゴルフ場-万二郎岳万三郎岳(周回)
  
  -
8.中央アルプス南アルプス
登頂日は夫婦での
初登
TOPへ戻る
無雪期 雪山
73 御嶽山
(剣ヶ峰3067m)
〇登頂日1995.08.13
1995.8田ノ原(王滝道)より剣ヶ峰往復
  
-
74 木曾駒ヶ岳
(2956m)
〇登頂日1996.04.13
 
1996.09木曽駒-空木岳縦走1泊2日(木曾殿山荘泊)
千畳敷-木曽駒-宝剣岳
→空木岳へ
  
2009.10紅葉の千畳敷・宝剣岳
1996.04中旬(残雪期)千畳敷より往復
2009.01初旬(厳冬期)千畳敷より往復
千畳敷-乗越浄土-宝剣山荘-宝剣岳及び駒ヶ岳往復、往路下山
2010.05初旬(残雪期)上松Aコース往復
登山口-敬神の滝小屋-金懸小屋-八合目(幕営)-駒ヶ岳-往路下山
75 空木岳
(2864m)
〇登頂日1996.09.29
1996.09木曽駒-空木岳縦走,1泊2日(木曾殿山荘泊)
宝剣岳-木曽殿越(泊)-空木岳-池山尾根-駒ヶ根 (木曽駒ヶ岳・空木岳)
2013.05上旬(残雪期)池山尾根より往復(*要ロープ)new
林道駐車場-登山道入口(1215m)-旧林道終点(1370m)-池山-池山小屋分岐-マセナギ-大地獄・小地獄(*)-空木平分岐-駒石-空木駒峰ヒュッテ-空木岳-空木平分岐-2350m地点(幕営)-往路下山
76 恵那山
(2191m)
〇登頂日1997.10.12
1997.10黒井沢登山口より往復
  
 -
77 甲斐駒ヶ岳
(2967m)
〇登頂日1993.09.04
1994.09北沢峠より仙丈&甲斐駒
北沢峠(幕営)-甲斐駒往復後下山
2003.09甲斐駒-鋸岳縦走renewal
北沢峠-甲斐駒-三ツ頭-(幕営)-中ノ側乗越-鋸岳-角兵衛沢のコル-戸台
 
1999.01初旬(厳冬期)仙水峠より往復
戸台-北沢峠-仙水小屋(泊)-甲斐駒往復-仙水小屋(泊)-往路下山
2010.01初旬(厳冬期)黒戸尾根往復new
竹宇駒ヶ岳神社-笹ノ平-刀利天狗-5合目-七丈小屋(泊)-駒ヶ岳-往路下山  
78 仙丈岳
(3033m)
〇登頂日1993.09.03
1994.09北沢峠より仙丈&甲斐駒
北沢峠(幕営)-仙丈-北沢峠(幕営)
→甲斐駒
1998.03下旬(春期)小仙丈敗退,幕営2泊3日(北沢峠)
戸台-北沢峠(幕営)-小仙丈-北沢峠(幕営)-往路下山

2001.01初旬(厳冬期)北沢峠より仙丈岳・栗沢山,幕営2泊3日(北沢峠)
戸台-北沢峠(幕営)-仙丈岳-北沢峠(幕営)-栗沢山往復後往路下山
79 鳳凰山
(観音岳2840m)
〇登頂日1994.12.25

  
2011.08上旬青木鉱泉より地蔵岳(オベリスク)日帰り往復new
青木鉱泉-南精進滝-白糸の滝-鳳凰小屋-地蔵岳(+オベリスク登攀)-往路下山
 
1994.12下旬(厳冬期)夜叉神より薬師観音,1泊2日
夜叉神-南御室小屋(泊)-薬師-観音-往路下山,
1995.01初旬(厳冬期)夜叉神より三山縦走1泊2日
夜叉神-薬師岳小屋(泊)-薬師
-観音-地蔵-往路下山
2002.12中旬(新雪期)夜叉神より三山縦走,幕営2泊3日(砂払岳直下)
夜叉神-南御室小屋-(幕営)-砂払岳-三山縦走後幕営地まで戻り翌日往路下山
2004.12下旬(新雪期)夜叉神より薬師観音,1泊2日
夜叉神-南御室冬季小屋(泊)-薬師-観音-往路下山
2006.01下旬(厳冬期)中道登山道より薬師観音,幕営1泊2日
中道登山口-2000m地点(幕営)-御座石-薬師-観音-往路下山
2006.04初旬(残雪期)中道登山道より薬師観音幕営1泊2日
中道登山口-御座石-森林限界付近(幕営)-薬師-観音-往路下山
2006.11末(新雪期)夜叉神より薬師岳1泊2日
南御室冬季小屋(泊)
2006.12下旬(厳冬期)ドンドコ沢道より地蔵岳1泊2日
青木鉱泉-白糸の滝-北御室小屋跡-鳳凰小屋(冬季小屋泊)-地蔵-往路下山
2008.01下旬(厳冬期)ドンドコ沢道より地蔵岳,幕営1泊2日
青木鉱泉-白糸の滝-五色の滝-(幕営)-北御室小屋跡手前で敗退往路下山
80 北岳
(3193m)
〇登頂日1994.08.20
 
1994.08広河原より間ノ岳・北岳,1泊2日(北岳山荘泊)
間ノ岳より→北岳山荘(泊)-北岳-白根御池-広河原
2013.08北岳バットレス第4尾根主稜
バリエーション(無雪期クライミング)2泊3日
広河原-白根御池(幕営)-二俣-C沢D沢中間尾根-dガリー大滝-(3P)-横断バンド(1P)-cガリー~ ヒドンガリー(コンテ)-第4尾根テラス-北岳バットレス第4尾根主稜(8P(懸垂下降含む))-北岳-白根御池(幕営)-広河原
2015.09北岳バットレスdガリー奥壁(敗退)
バリエーション(無雪期クライミング)2泊3日
広河原-白根御池-二俣-C沢D沢中間尾根(幕営)-dガリー大滝-dガリー-奥壁取付)-シュバルツカンテーマッチ箱のコル-枯木のテラス-城塞上(終了点)-北岳稜線-八本歯のコル-幕営地(撤収)-二俣-(大樺沢)-広河原(幕営)
2015.09北岳バットレスdガリー奥壁核心~4尾根上部
バリエーション(無雪期クライミング)1泊2日
広河原-(大樺沢コース)-二俣-C沢D沢中間尾根(幕営)-dガリー大滝-dガリー-奥壁取付-奥壁2Pー4尾根カンテ1P-枯木のテラス-城塞上(終了点)-北岳稜線-八本歯のコル-幕営地(撤収)-二俣-(大樺沢)-広河原
2015.05池山吊尾根より北岳,2泊3日(吊尾根2450m幕営)new
夜叉神峠登山口-鷲住山-野呂川吊橋-歩き沢橋(吊尾根コース登山口)-池山小屋-吊尾根2450m地点(BC設置・幕営)-砂払-ボーコン沢の頭-八本歯の頭-八本歯のコル-吊尾根分岐(主稜線)-北岳-往路をBCまで(幕営)-往路下山-夜叉神峠登山口
2016.11広河原より白峰三山縦走,21泊3日(北岳山荘幕営)new
広河原-大樺沢二俣-八本歯のコル-北岳-北岳山荘(幕営)-間ノ岳-農鳥岳-往路-北岳山荘(幕営)-往路下山
  
81 間ノ岳
(3189m)
〇登頂日1994.08.19
1994.08広河原より間ノ岳北岳,1泊2日(北岳山荘泊)
広河原-北岳山荘-間ノ岳-北岳山荘(泊)
→北岳へ
  
2016.11広河原より白峰三山縦走,21泊3日(北岳山荘幕営)new
広河原-大樺沢二俣-八本歯のコル-北岳-北岳山荘(幕営)-間ノ岳-農鳥岳-往路-北岳山荘(幕営)-往路下山
82 塩見岳
(3047m)
〇登頂日1995.08.27
1995.08鳥倉林道・三伏峠より往復,幕営1泊2日
鳥倉林道終点-豊口山分岐-三伏峠-塩見小屋(幕営)-塩見岳-往路下山
 
  -
83 悪沢岳
(3141m)
〇登頂日1995.08.08
1995.08椹島より悪沢赤石聖縦走,4泊5日(椹島ロッジ・千枚小屋・百間洞山の家・聖平小屋)
椹島(泊)-千枚小屋(泊)-荒川三山(悪沢岳・中岳・前岳)
→赤石岳へ  
  -
84 赤石岳
(3120m)
〇登頂日1995.08.08
1995.08椹島より悪沢赤石聖縦走,4泊5日(椹島ロッジ・千枚小屋・百間洞山の家・聖平小屋)
悪沢岳より→赤石岳-百間洞小屋(泊)
→聖岳へ
  
2010.08小渋川より赤石岳new
湯折-(小渋川)-広河原-大聖寺平-荒川小屋(幕営)-大聖寺平-赤石岳-大聖寺平-広河原(幕営)-(小渋川)-湯折
※ウェストンが1892年赤石岳登頂時に歩いたルート
  
  -
85 聖岳
 (前聖岳3013m)
〇登頂日1995.08.09
1995.08椹島より悪沢赤石聖縦走,4泊5日(椹島ロッジ・千枚小屋・百間洞山の家・聖平小屋)
赤石岳より→百間洞小屋(泊)-聖岳-前聖奥聖小聖-聖平(泊)-椹島
  
  -
86 光岳
(2591m)
〇登頂日1998.11.23
-
1998.11下旬(新雪期)易老渡より光・上河内,2泊3日
易老渡-三吉平-光小屋(泊・光岳往復)-三吉平-茶臼小屋(泊)-上河内岳-聖平-西沢渡-易老渡
 
9.北陸,近畿
中国,四国
登頂日は夫婦での
初登
TOPへ戻る
無雪期 雪山
87 白山
(御前峰2702m)
〇登頂日1998.05.23
1998.05別当出合より
別当出合-白山室堂-御前峰:往復

(荒島岳→白山)  
  -
88 荒島岳
(1523m)
〇登頂日1998.05.22
1998.05勝原スキー場より
勝原スキー場-シャクナゲ平-荒島岳:往復
 
(荒島岳→白山) 
  -
89 伊吹山
(1377m)
〇登頂日1997.02.23
1980.07k伊吹山ドライブウェイより
1997.02下旬(厳冬期)伊吹山スキー場より
伊吹山スキー場(ゴンドラ)-3合目-伊吹山:往復
90 大台ヶ原山
(日出ヶ岳1695m)
〇登頂日1998.03.02
-
1998.03初旬(春期)伯母峰峠より日出ヶ岳,幕営1泊2日
伯母峰峠-大台荘(幕営)-日出ヶ岳:往復
 
*ドライブウェイは冬季閉鎖、
91 大峰山
(八経ヶ岳1915m)
〇登頂日1997.01.12
-
1997.01上旬(厳冬期)天川川合より八経ヶ岳,幕営1泊2日
天川川合-狼平(幕営)-弥山-八経ヶ岳:往復
  
92 大山
(剣ヶ峰1729m)
〇登頂日1998.01.02
 (弥山)
〇登頂日2014.04.14
 (剣ヶ峰)
-
1998.01初旬(厳冬期)大山寺より弥山往復
(剣山石鎚山大山)  
2014.04中旬(残雪期)弥山~剣ヶ峰縦走
大山寺--弥山-剣ヶ峰-天狗ヶ峰-象ヶ鼻-上宝珠越-元谷-大山寺 
93 剣山
(1955m)
〇登頂日1997.12.30
-
1997.12末(新雪期)見ノ越より往復
(剣山石鎚山大山)   
94 石鎚山
(天狗岳1982m)
〇登頂日1997.12.31
-
1997.12末(新雪期)山頂成就社駅より天狗岳
(剣山石鎚山大山)
10.九州
登頂日は夫婦での
初登
TOPへ戻る
無雪期 雪山
95 九重山
 (中岳1791m)
〇登頂日1996.12.21
1971.07林間学校
1996.12下旬(新雪期)牧ノ戸峠より往復
(九重山阿蘇山祖母山霧島山)
96 祖母山
(1756m)
〇登頂日1996.12.23
1973.08神原キャンプ場より往復。Hくんと
1996.12下旬神原より往復
神原-5合目小屋-祖母山:往復(九重山阿蘇山祖母山霧島山)
2017.02中旬五ヶ所より祖母山(五ヶ所起点日帰り)
五ヶ所小北谷登山口中間点(駐車地点)-北谷登山口-(北谷風穴コース)-祖母山-9合目小屋-国観峠-(千間平コース)-北谷登山口-駐車地点
97 阿蘇山
(高岳1592m)
〇登頂日1996.12.22
1969.07林間学校
1996.12下旬阿蘇山東より高岳
阿蘇山東-高岳-中岳:周回
(九重山阿蘇山祖母山霧島山)
-
98 霧島山
(韓国岳1700m)
〇登頂日1996.12.24
1979.08家族旅行
1996.12下旬高千穂河原より韓国岳
高千穂河原-新燃岳-韓国岳-えびの高原
 
-
99 開聞岳
(922m)
〇登頂日1998.12.21
1998.12開聞岳登山口より 百名山完登!
(宮之浦岳・開聞岳)
-
100 宮之浦岳
(1935m)
〇登頂日1998.12.19
1998.12淀川より宮之浦岳・永田岳,2泊3日
淀川-投石岩屋(幕営)-宮之浦岳-永田岳-高塚小屋(泊)-縄文杉-ウィルソン杉-辻峠-楠川→開聞岳へ
 
(宮之浦岳・開聞岳)
-
 
【日本百名山を終えて】
〇開聞岳に立った時、意外にも「百名山完登」ということに感動はなく、帰りの飛行機の中で山行手帳を読み返して初めて実感した。それは達成感というより、むしろ長かった百名山山行からの解放感に近いものだった。
〇百名山巡りは、ジグソーパズルのピースがどんどん埋まっていくようで、前半の50座くらいまでは本当に楽しかった。
〇ところが、だんだん目的地が遠くなってくると、時間と費用の問題から、1度の遠征で複数の山を纏めて登ることが多くなる。すると、(たとえ、縦走可能でも)最短コースでのピストン登山と車での移動を繰り返すのが早いし経済的と思われるから、山行自体より、むしろ登山口までのアクセス調査の方に重点が移ってしまった(∵当時は今のようにネットでの情報収集が容易ではなかったのでなおさら)。
〇後で振り返ると、積雪期に登った山等苦労したり敗退した山を除き、後半に登ったものには、印象の薄い百名山が多いのはそのためだと思う(残念)。
〇しかし、私たちのように、それまでほとんど山を経験していない人が、山歩きにエントリーする場合(特に比較的若いうちに始めるなら)、日本百名山は、手頃で素晴らしい目標だと思う。
〇それは、第一に、アクセス・登山道・山小屋等の整備状態が良好、情報収集が容易、また、多少の難易の差はあれ、どの山も一般の人が比較的安全に歩けるからである。
〇第二に、花や緑の多い山や高層湿原の散策から森林限界を越えた稜線や岩稜の縦走、中には雪渓歩きや沢歩き等もあり、山もルートも極めてバラエティーに富んでいて、これらの山を経験することで、自然と山歩きの技術が身に付くからである。
〇第三に、地域を代表する山が多いだけに、大抵は展望が良く、百名山であるか否かを問わず、周囲の山の姿や名前を覚えたり、好きな山を見つけたりするのに好都合。これは、二番目の理由も含め、百名山完登後、次の目標や方向性を定める際のヒントとなり、以後山を続けるモチベーションとなると思われるからである。
〇私たちの場合、早く完登したかったのと、雪山展望を楽しむために、半分近くの百名山は雪のある時期に登った。技術書を参考にしながらの独学で、失敗も多かったが、無雪期の山歩きに加え、初心者レベルとはいえ、自分たちで雪山を歩けるようになったのは、やはり百名山という目標があったからだと思う。その意味で、私たちにとって、日本百名山は「山の教科書(入門書)」のような存在である。 



トップ アイコントップページへもどる