年次別山行一覧
 chronicle(2015.11〜2016.10)
 chronicle
 2017.11
-2018.10
 2016.11
-2017.10
 2015.11
-2016.10
   
 chronicle04
 2012.11〜2015.10
 chronicle03
 2009.11〜2012.10
 chronicle02
 1999.11〜2009.10
 chronicle01
1992.9〜1999.10 
 25年目:2016.11-2017.10  pagetopへ  (今年の1名山)
14
 
2017 
05月下
 
 城ヶ崎(東伊豆)
○フナムシロック北の岩南面
純(5.8★)
樹氷(5.8★)W位の無名ルート
城山(伊豆大仁)
○クッキングワールド
イタリアンジェラード(5.8)
トマッテーナ(5.10b)★★
岩トレ
クラック
スラブ
1泊2日(城山・峠のP車中泊)
フナムシロック:「純」とその左の無名ルート2本でリードの練習。「樹氷」はトップロープでも中間部で身体の向きを変える一歩が相変わらず上手くいかず。
クッキングワールド:前日の疲れで二人とも不調(knは絶不調)。monは何とかトマッテーナをRPしたが、knは上部核心の一歩が怖くてとうとう登れずじまい。スズメバチの活動時期が始まったらしく、登攀中に付き纏われた。来月行くならスズメバチ対策が必要かも。
13
 
 
2017 
05月上
 
 白馬岳主稜(北アルプス北部)
冬バリ
雪稜登攀
初中級
2泊3日/主稜[峰南東稜2000m幕営及び白馬山荘泊
knの冬バリ最終目標の一つである「白馬岳主稜」に挑戦した。knが雪のナイフリッジにビビってロープを多用し
想定時間を大分超過した。また、腰痛首痛でバテてしまったknに代わり核心の「60度60mの頂上直下の雪壁」最終ピッチはmonchanがリード。今回、憧れのルートを何とかクリアできたのはmonchanの頑張りのおかげ。
今回、腰痛用コルセット、膝サポーター+サポートタイツ着用、痛み止め服用と万全のの対策をして臨んだ。それでも、後半に腰痛が出たばかりか、コンテの際ループ状にしたロープを首にかけると首が痛くなった(頸部脊柱管狭窄症?)。それでコンテはあまり使えず、殆どはスタカットかロープいっぱいからコンテとなった。
12
 
2017 
04月下
 
 城ヶ崎(東伊豆)
○フナムシロック北の岩南面
純(5.8★)
鬼ごろし(5.7★)

樹氷(5.8★)
岩トレ
クラック
 
日帰り
原点に戻って北の岩の3ルートをトップロープで。純はリードできそうだが、久々に登った鬼ころしは核心の一歩にビビった。シンハンドの樹氷はレイバックで身体の向きを変えるところが相変わらず上手くいかない。
11
 
 
2017 
04月中
 
 谷川岳天神尾根(上越国境)
雪山トレ
雪上確保等
日帰り/天神尾根熊穴沢の頭付近の支尾根
GWに備え、デットマン・スノーバーでの支点工作、スタ
 ンディングアックスビレー・コンティニュアス等確保システムの確認・練習を行った。
10
 
 
2017 
03月中
  
 赤岳東壁東稜(南八ヶ岳東面)
 
冬バリ
雪稜登攀
初級
真教寺尾根2480m幕営2泊3日
「八ヶ岳で唯一の雪稜ルート」という噂の「赤岳東壁東稜」に挑戦してみた。
第一岩峰〜第二岩峰間200m程はナイフリッジもある本格的な雪稜で迫力のある風景に感激。
アタック日はスタートが遅れた上、晴天で気温が高く雪が腐っていた。このため第一岩峰・第二岩峰の通過は雪壁を避けダブルアックスで草付を登った。
実力不足でアタック日の行動時間は11時間45分。第一岩峰取付〜竜頭峰に4時間40分も問題だが、それ以上に、竜頭峰〜BCの真教寺尾根の下りに4時間5分はいくらなんでも遅すぎ。後者の原因は腐った雪壁下りにビビって、スタカットや懸垂下降を多用したため。ただ、私たちの実力を勘案すると決して誤った判断ではないと思う。それよりあと1〜2時間早立ちして、なるべく雪が締まっているうちに行動を終えるようにすれば大幅な時短が出来たような気がする。
アタック日にヘッデン下山は可能だったが、予備日もあったので、もう1泊することに・・・。ところが、これが裏目に出て2日目夜から3日目にかけての雪に捕まり(20cm程積雪増加)、思わぬラッセルとなってしまった。
09
 
2017 
03月上
 城山(伊豆大仁)
○クッキングワールド
イタリアンジェラード(5.8)
始の辣韮漬(5.9)トマッテーナ(5.10b)★★
青椒肉絲(5.10b)★
焼きビーフン(5.10a)★★
岩トレ
フリークライミング
日帰り
今年2度目の城山。冬晴れで寒かった(最高7℃)。午後は岩から剥がされそうな程の強風となり早めに退散。knは前日から少し調子が戻り(室内)、トマッテーナ・青椒肉絲を何とかリードでトップアウト。他方monは不調で青椒肉絲はトップロープのみ。
08
 
2017 
02月下
 霧積温泉(西上州)
アイス
入門
前夜発日帰り
左端のスラブからバーティカルの氷柱まで4ルート6本ずつ練習。気温が高く氷が脆く感じた。
07
 
 
2017 
02月上
 
 祖母山(九州山地)
 
スノー
ハイク
ウェストン
五ヶ所起点日帰り
両親見舞いの帰省の序にウェストンも訪れた五ヶ所(宮崎県)から祖母山へのコースをトレースした。
ウェストンが歩いたのは現在の北谷コースと思われる。北谷登山口からは沢沿いの風穴コースと尾根道の千間平コースがあるので、登りは前者、下りは後者を辿る周回路を採ってみた(無雪期5時間)。山は積雪最大20cm強の楽なスノーハイクだったが、アクセスで躓いた。それは、五ヶ所小跡の先の林道が雪道となっており、車がアイスバーンとなった坂で立ち往生したから。幸い何とか脱出でき、登山口まで往復約2時間歩行が長くなっただけで済んだ。この山とは相性が悪いらしくまたしても展望が得られなかった。
06
 
2017 
01月上
 城山(伊豆大仁)
○クッキングワールド
イタリアンジェラード(5.8)
トマッテーナ(5.10b)★★
青椒肉絲(5.10b)★
焼きビーフン(5.10a)★★
 
岩トレ
フリークライミング
御殿場起点日帰り
2017年の登り始めにクッキングワールドへ行った。monchanはトマッテーナを完登。kniferidgeは同ルートが2テンとなったばかりか、クールダウンのつもりの焼きビーフンでまさかのフォール。
05
 
2017 
01月上
 愛鷹山越前岳(富士山周辺)
 
スノー
ハイク
展望
御殿場起点日帰り下山後城山へ
大門沢から農鳥岳を計画したが冬型気圧配置で中止。代わりに富士山展望の越前岳と城山クライミングへ転進することにした。積雪最大20cm。低山のため風も大したことなくお手軽スノーハイクだった。
04
 
2016 
12月下
 城山(伊豆大仁)
○クッキングワールド
イタリアンジェラード(5.8)
始の辣韮漬(5.9)
トマッテーナ(5.10b)★★
青椒肉絲(5.10b)★
岩トレ
フリークライミング
 
日帰り
相性のいいクッキングワールドで自信を取り戻すつもりが・・・。イタリアンジェラードと始めの辣韭漬は何とか完登できたが、10bの2本はリードも出来ず。
03
 
2016 
12月上
 
 城ヶ崎(東伊豆)
○フナムシロック北の岩南面
鬼ごろし(5.7★)純(5.8★)

○フナムシロック南の岩南面
パープルシャドウ(5.8★★★)
岩トレ
クラック
 
日帰り
登り慣れたルートを全てトップロープで。
02
 
 
2016 
11月上
  
 白峰三山偵察(南アルプス北部)
 
ハイキング
新雪期縦走
北岳山荘幕営2泊3日
残雪期の白峰三山縦走に向けての偵察山行
当初は2泊3日で広河原起点で奈良田へ下山の計画だった。ただ、初日の北岳に時間がかかりすぎ、また、間ノ岳より先の積雪状況が不明だったことから、2日目を北岳山荘から農鳥岳までの往復、3日目往路下山に変更。このため、大門沢コースの偵察が出来なかった。痛み止めの服用が必要だが今回程度の行程は何とかこなせることが確認できた。残雪期は全装備を背負っての縦走となるので、軽量化の徹底と事前トレーニングが必要。
蛇足ながら、農鳥岳を登頂したことで、漸く3000m峰を完登。
01
 
 
2016 
11月上
 
 那須岳(茶臼岳朝日岳三本槍岳)
(那須連山)
ハイキング
無雪期縦走
日帰り
新雪期の白峰三山縦走に向けトレーニング山行第二弾。
那須ロープウェイを利用しないことは勿論、通常の登山口より下の大丸温泉を起点とし、茶臼岳・朝日岳・三本槍岳を縦走、中の大倉尾根を下って北温泉経由で起点に戻るコース(標準時間約8時間)。荷物が軽ければこの程度の山行に支障がないことは確認できた。稜線の霧氷が綺麗だった。
 24年目:2015.11-2016.10  pagetopへ  (今年の1名山)赤岳天狗尾根∵昨シーズン果たせなかった冬期ノーマルラインを漸く完全トレース。短いながら凍ったルンゼや岩場のクランポンの登攀がありバリエーション初心者向けの好ルート。
10
 
2016 
10月下
 
 幕岩(湯河原)
○桃源郷
シルクロード(5.7)/サンセット(5.10a)

○悟空スラブ(30m*4P/5.4〜5.7)
岩トレ
フリークライミング
 
日帰り
kniferidgeの脊柱管狭窄症後初めての外岩。表妙義で登れなくなっていることは自覚していたが、全くの入門ルートにも梃子摺り大ショック。
09
 
 
2016 
10月中
 
 表妙義白雲山(西上州)
 
ちょいバリ
一般難路
日帰り
新雪期の白峰三山縦走に向け、トレーニング山行。
重荷を背負っての歩行に備え登攀具を担いで出かけたが、アップダウンの多い岩稜歩きで完全にバテテしまい、大いに不安の残る山行となった。なお、金洞山鷹戻しがで梯子架け替えのため来年まで通行禁止。
08
 
2016 
09月上
 
 西沢下棚沢(西丹沢中川川)
 
無雪バリ
沢登り
初中級
 
日帰り
リハビリ山行第二弾。前回より行程の長さ・技術面で1ランク上のルートに挑戦。遡行は何とかこなせたものの、やはり、下山の一般道の歩きが辛く感じた。9月になるとシャワークライミングは寒い!!
07
 
2016 
07月下
 
 大滝沢マスキ嵐沢(西丹沢中川川)
 
無雪バリ
沢登り初心
 
 
日帰り
kniferidgeの脊柱管狭窄症が大分快復したのでリハビリに行程が短くて容易な沢登りに出かけてみた。遡行は問題なかったものの、下山時の歩行がかなり辛かった。
 4月〜7月中:kniferidgeに歩行障害が生じ(脊柱管狭窄症)、山行・クライミングは全面中止
06
 
2016 
03月下
  赤岳天狗尾根(八ヶ岳)
 
冬バリ
岩稜初級
 
前夜発日帰り
昨シーズン果たせなかった、冬期ノーマルラインの完全トレース。4月より3月の方がアプローチが格段に楽。
05
 
2016 
03月上
 霧積温泉(西上州)
 
アイス
入門
前夜発日帰り
前回登った左端のスラブに加え、その右の氷柱の練習もやってみた。
04
 
2016 
02月中
 
 城ヶ崎(東伊豆)
○フナムシロック南の岩南面
パープルシャドウ(5.8★★★)
ネッシー(5.8)

フラッシュダンス(5.9★★)
岩トレ
クラック
 
日帰り
相変わらずフラッシュダンスに歯が立たず。
03
 
2016 
02月上
 
 霧積温泉(西上州)
 
アイス
入門
 
前夜発日帰り
15年ぶりのアイスクライミング。霧積温泉はアプローチ5分、狭いが初心者〜中級者までのルートがあり、関東では人気のあるゲレンデ。
02
 
 
2016 
01月中
 pagetop
 城ヶ崎(東伊豆)
○フナムシロック南の岩南面
ネッシー(5.8)
フラッシュダンス(5.9★★)
 岩トレ
クラック
日帰り
monchanの手術後、初めての外岩クライミング。フラッシュダンスは難しすぎてトップアウトもできず。
01
 
2016 
01月上
 竜ヶ岳(富士山周辺)
 
ハイキング
展望
 
前夜発日帰り
monchanの肺の手術から2ヶ月が経過。低山ハイキングなら大丈夫とのことで、年始は竜ヶ岳へダイヤモンド富士を見物へ出かけた。
pagetopへ 
 chronicle04(2012.11〜2015.10)
 
山の手帳(トップページ)
山域別山行一覧