山域別山行一覧

山の手帳(最新山行速報) >  山域別山行一覧 > 015.奥秩父・奥多摩
山の手帳別冊(アーカイブ)
 1.西上州・奥秩父・奥多摩
 010西上州
妙義山等
 015奥秩父・奥多摩
小川山廻り目平
2.八ヶ岳
 020北八ヶ岳周辺
美ヶ原・北横岳・天狗岳
 021南八ヶ岳
赤岳・横岳・阿弥陀岳等
 3.北アルプス
 030北部・中部
立山・剱・白馬・鹿島槍
 035南部
槍・穂高等
4.南アルプス
 040北部
北岳・甲斐駒・仙丈等
 045中部・南部
塩見・荒川・赤石・聖
 5.御嶽・中央アルプス・丹沢・富士周辺
050御嶽
中央アルプス
052丹沢 055富士山と
その周辺
6.北日本 
 060北海道
 062東北
7.東日本(1~6を除く) 
070那須・常陸・尾瀬・日光  072上信越国境
8.西日本(3を除く) 
080北陸・近畿 082中国・四国 084九州

1.西上州・奥秩父・奥多摩 
015奥秩父・奥多摩
   2007~2014年  1994~2006年
 年月
山名・ルート等
目的 
 類型
 メンバー
夫婦二人時は記載せず
 メモ(日程・コース・コースタイム等)
〇行動時間は休憩写真等すべての所要時間を含みます。
〇区間コースタイムはその区間途中の休憩時間(概ね1時間に1回5~10分)を含みます。
∴行動時間=区間コースタイム合計+各ポイントで明示されている休憩写真等の時間合計
*山行記録があるものはそちらを参照してください。
○交通手段は記載がない場合は車
 2014.
11上
小川山廻り目平
 (奥秩父)
岩トレ 
フリー・
クライミング
2泊3日
○八幡沢左岸スラブ
トムといっしょAライン(5.10a★)Bライン(5.10b)
ジャーマン・スープレックス(5.10c★★)
○安・近・短岩
5.9ルート/5.10aルート

 マルチフリー初心  屋根岩2峰セレクション6~7P/5.8★★
*5~7Pは時間切れでカット、Ⅲエスケープラインで終了点へ抜けた。
予報が悪かったせいか3連休にしては空いていたが、人気ルートはやはり順番待ちとなっていた。そこで、隠し玉として『100岩場』にも載っていない「安・近・短岩」へ行ってみたが、5.9ルートにも梃子摺り、練習不足が露呈した感じ。この岩場は陽当たりが悪いため、秋には寒すぎると思った。 
2014.
8下
 
小川山廻り目平
 (奥秩父)
岩トレ 
フリー・
クライミング
2泊3日
○八幡沢左岸スラブ
トムといっしょAライン(5.10a★)Bライン(5.10b)
ブラック&ホワイト(5.10b★★)

マルチフリー入門  春の戻り雪(100m/5.7/4P)/ガマルート5~6P/5.7★(右ルート)
天気が芳しくなかったので、予定山行を中止して、小川山へ。今回は、「春の戻り雪」「ガマルート」で、マルチ用に買い替えた靴(knアナサジ・レースアップ/monモカシム・オンサイト)のテストが主目的。初日に懸案の「ブラック&ホワイト」の練習もしたが、徹夜明けで全くダメ。monchanが、前回トライしなかった「トムといっしょ」のバリエーション(5.10b)をすんなり完登(RP)。
2014.
5下
小川山廻り目平
 (奥秩父)
岩トレ 
フリー・
クライミング
1泊2日
○八幡沢左岸スラブ
トムといっしょAライン(5.10a★)Bライン(5.10b)
ブラック&ホワイト(5.10b★★)/春の戻り雪(100m/5.7/4P)

梅雨入り前にと慌てて小川山へ出かけた。週末だったがGWの後のせいか比較的空いていた。朝夕は肌寒いものの(薄手のダウン)、日中晴れていると暖かいし湿度も低く快適。
今回は、昨年とうとう落とせなかった「ブラック&ホワイト」の練習が主目的。どスラブは専らアナサジ・レースだったが(kniferidge)、寿命になったので、代わりにリソールから戻ってきたばかりのミウラで登った。新しいソールではやはり足裏感覚が今一つで核心部のどスラブが厳しく、TRでも昨年以上に登れなくなった。monchanはTRならテンションなしで登れるようになっており、2日目にリードしたが、下部のトラバースでフォールしてすっかり意気消沈、RPはお預けとなった。
目標ルートはクリアできなかったものの、待ち時間の間に練習した「トムといっしょ」のバリエーションライン(5.10b,最近ボルトが打たれて復活)をkniferidgeが2日目にRP、ちょっと嬉しかった。なお、バリエーションは岩が脆い箇所があり、落石の虞もあるのでヘルメット着用が無難かもしれない。
 2013.
11上
小川山廻り目平
 (奥秩父)
岩トレ 
フリー・
クライミング
1泊2日
○八幡沢左岸スラブ
トムといっしょ(5.10a★)/ブラック&ホワイト(5.10b★★)

例年、金峰山荘は11月中旬の週末までの営業と記憶していたが、今年はクライマーが増えたせいか、1週延びていた。営業期間中はキャンプ場の水やトイレが使用できるので悪あがきとは思ったが、駆け込みで出かけてみた。
3週前よりさらに寒くなり(最低気温-5℃、1日のうち半分は氷点下)、課題の岩場に陽が射すのは10時半~13時前の約2時間のみ。岩場のコンディションは良いものの、寒くてモチベーションが上がらないし身体も動かず、前回よりさらに不調。それでも、monchanは2日目に3週前のレベルまで戻していたが、kniferidgeは絶不調のまま小川山シーズンを終えることになった。
 2013.
11下
小川山廻り目平
 (奥秩父) 
岩トレ 
フリー・
クライミング
1泊2日
○八幡沢左岸スラブ
ジャーマン・スープレックス(5.10c★★)/ブラック&ホワイト(5.10b★★)/
トムといっしょ(5.10a★)
小川山シーズンも終盤、今年は目標ルートを1本しか落としておらず、慌てて廻り目平へ出かけた。11月なら空いていると思ったものの、そこは連休中、順番待ちもあって「ブラック&ホワイト」は2日粘ってトップロープで何とか5本練習できた。結局、下部の核心に自信を持てずリードトライは断念。最低気温は-1℃、日射しがあれば登っているときは寒さを感じないが、ビレー中は防寒着が必要だった。
2013.
7下
 
小川山廻り目平
 (奥秩父) 
岩トレ 
フリー・
クライミング
1泊2日
○八幡沢左岸スラブ
トムといっしょ(5.10a★)/ブラック&ホワイト(5.10b★★)
ビスタの夏休み(5.9)/往年の乱(5.10b)

マルチフリー入門  ○ガマルート6P/5.7or5.9★
早い梅雨明けというと一昨年を思い出す。この時は7月下旬に戻り梅雨となったと記憶しており、嫌な予感がしていた。残念ながら、今年も同じタイミングで梅雨のような天気となり、仕方なく予定山行は中止、2泊3日で小川山へ転進。
初日は終日雨天のため全く登れず、実質2日間のクライミングとなった。
2日目に雨が上がり、岩は湿っぽかったが、何とか「往年の乱」を完登(RP)。
最終日は久々の晴天でもったいなかったものの、monchanが「疲れるところはパス」というので、ガマルートオリジナルライン(ガマスラブは割愛)へ。今回は、4P目はオリジナルの右ルート(5.7、ボルトなし)、また、ジャミングを嫌って避けていた最終ピッチの短いクラック(5.7)も初めて登った。
 2013.
6初
小川山廻り目平
 (奥秩父) 
岩トレ 
フリー・
クライミング
1泊2日
○八幡沢左岸スラブ
ジャーマン・スープレックス(5.10c★★)
/ブラック&ホワイト(5.10b★★)/トムといっしょ(5.10a★)
/ビスタの夏休み(5.9)/往年の乱(5.10b)

マルチフリー初心   ○屋根岩2峰セレクション7P/5.8★
「手のないスラブ」トレーニングに「ジャーマン・スープレックス(5.10c)」をトップロープで練習しはじめた。やはり核心部が厳しい。妻はズルズル滑りながらも登っていたが、私は一旦テンションが入ると腰砕けになって一歩が出なくなってしまう。下部のラインは分かったし、この核心が登れるようになれば(Tr)、他の目標3ルートは登れる気がするので、今は地道に練習するしかなさそう。2日目は「セレクション」を通して登ったが二人とも相変わらずクラックに難あり。
2013.
5中
小川山廻り目平
 (奥秩父) 
岩トレ 
 
フリー・
クライミング
1泊2日
○八幡沢左岸スラブ
ジャーマン・スープレックス(5.10c★★)
/ブラック&ホワイト(5.10b★★)/トムといっしょ(5.10a★)
/ビスタの夏休み(5.9)/往年の乱(5.10b)

マルチフリー入門 ○ガマルート5P/5.7(右ルート)★
今年最初の小川山。昨年夏より大分体重増加しており、成果は今一つ。八幡沢左岸スラブで5本登ったが、初めて登った「ジャーマン・スープレックス(5.10c)」は「手のないスラブ」のトレーニングには最適のルートと感じた。このルートをトップロープで練習すれば、懸案の「ブラック&ホワイト(5.10b)」や「往年の乱(5.10b)」を落とせそう。練習方針が決まったのが今回の収穫か。
 2012.
10下
小川山廻り目平
 (奥秩父) 
岩トレ 
フリー・
クライミング
1泊2日
○母岩
ジャック・フロスト(5.9)/レッドストーム(5.10b)/命の母(5.5/B&NP)/タジスラ(5.9)/サドンストーリー(5.10a★)

○父岩:タジヤンⅡ(5.10a★★/30mB8本)→下段(B3本)はTR,上段(B5本)のみ完登
 マルチフリー初心   屋根岩2峰南稜~セレクション後半★★
台風通過後寒気が入り、予定ルートには積雪が予想されたため中止、代わりに紅葉の小川山でフリークライミングを楽しんだ。
今回の成果は、①屋根岩2峰南稜(『日本マルチピッチ』に紹介されているライン)の完全トレースとセレクションの6~7P目のクリア、②母岩サドンストーリーの完登(RP)、そして、懸案の③父岩タジヤンⅡに触れられたこと。
2012.
10上
小川山廻り目平
 (奥秩父) 
岩トレ 
フリー・
クライミング
1泊2日
○母岩
ジャック・フロスト(5.9)/レッドストーム(5.10b)/小川ママ(5.9)
マルチフリー初心  ○屋根岩
屋根岩2峰南稜~セレクション後半
 2月ぶりに小川山へ行った(この間4kgもリバウンド)。前回トラブルで行けなかった屋根岩2峰セレクションの6~7P目のクリアが目的だったのだが・・・・。今回は、前半はセレクションではなく2峰南稜から取付いた。練習不足のせいか二人とも調子が悪く出だしのスラブ(5.7)から苦戦。途中の5.8のピッチは先行パーティーに習ってその右から回避し(Ⅳ)、南稜テラスへ。前回完登できたセレクション4P目(5.8)は、オフウィドゥス中間部でフットホールドが見つからないまま不安定な体勢で強引にクリップしようとしてバランスを崩しフォール。再トライ時はセットしたカムを掴み何とかA0で突破。予定より大分時間がかっており、6~7P目は断念しエスケープルート(Ⅲ)で頂上へ抜けた。
 2012.
8上
小川山廻り目平
 (奥秩父) 
岩トレ 
フリー・
クライミング
1泊2日
○母岩:ジャック・フロスト(5.9)/タジスラ(5.9)
○父岩:小川山物語(ストーリー)B8本28m/5.9★★★/小川山ストリートB6本23m?/5.9
マルチフリー初心 屋根岩2峰セレクション6~7P/5.8★★
『小川山物語完登プロジェクト』番外編屋根岩2峰セレクション  
先週より気温が下がり、上高地より標高が高い廻り目平は快適そのもの(虫も少ない)、まるで避暑地でクライミング。今回の目的は、(1)『小川山物語』完登プロジェクト番外編+(2)屋根岩2峰セレクション。
(1)初日は、前回も先延ばしした妻の『小川山物語』リードトライ。3回トップロープで登っていたとはいえ、あっけなく完登(RP)。『完登プロジェクト』などと大騒ぎしている自分が情けなくなった。
(2)2日目は、マルチ・フリーの屋根岩2峰セレクションへ行った。このルートはアルパイン系のクライマーのトレーニングルートとしても知られており(2P目を除きボルトが少なく要NP)、11年前のGWにスクールで連れて行ってもらったことがある。小川山マルチでは入門ルートとはいえ、このときは雨の中の登攀でかなり厳しかった。今回は終日晴れでコンディションは良好。2、3、5、6Pのリードを妻、1、4(核心)、7Pを私がリードすることにした。前回と違い1P目はオリジナルの垂直なクラックを登ったが,わずか5~6mなのに下手なジャミングで苦戦。2P目は手のないスメアオンリーのスラブでこれまた怖い。容易な3P目の後はオリジナルの場合核心の4P目、出だしのオフウィドゥスからチムニー下のレッジに上がるまでがなかなか厳しかった。5P~6P目でトラブル発生、前回同様5P目をショートカットしてピッチを切らないラインを選択したが、6P目出だしのところで妻がうっかり草付に乗ってスリップし右足首を捻挫(全治1ヶ月)。幸い大事には至らず何とか歩ける状態だったので5P目ルンゼを登り返してもらいエスケープラインから頂上へ出た。下降は西面より遊歩道へ懸垂下降(50m)。今回の事故はトポどおり5P(容易かつ短い)と6Pを分け、リードが見える位置でビレーすれば防げたように思う(完全に私の判断ミス)。
2012.
8上
 
小川山廻り目平
 (奥秩父) 
岩トレ 
フリー・
クライミング
1泊2日『小川山物語完登プロジェクト』後編
○母岩: ジャック・フロスト(5.9)/レッドストーム(5.10b)/タジスラ(5.9)
○父岩:小川山物語(ストーリー)B8本28m/5.9★★★

○八幡沢左岸スラブ
トムといっしょ(5.10a★)/ブラック&ホワイト(5.10b★★)
 マルチフリー入門 ○八幡沢左岸スラブ:春の戻り雪(5.7(Ⅴ)*4P/90m)
『小川山物語』完登プロジェクトの一応完結編。今回は最初の核心(薄被りの部分を越えるところ)がなかなか思い切って立ち込めず時間がかかった。一方前回フォールした後半の核心はラインがわかったので問題なくクリア、漸く無事完登(RP)することができた。ここの想定ルートとして5月にオンサイトした『岳友会ルート(黒岩5.9)』に比べ、ピッチ最高グレードはともかく、ルート全体のグレード(岳友会は核心が短く他の部分は容易)・核心部のラインの読み・所要時間の面で個人的には1グレード以上難しく感じる(トップロープで緊張感がないと然程難しくないのだけど・・・・)。
なお、宿題として残っていた『レッドストーム(5.10b/10m?)』を漸く二人とも完登(RP)。
初トライした『ブラック&ホワイト(5.10b)』は白い部分(急なスラブ)がなかなか厳しく完登には、まだ時間がかかりそう。
2012.
7下
 
小川山廻り目平
 (奥秩父) 
岩トレ 
フリー・
クライミング
1泊2日(夕方着でクライミングは1日のみ)
『小川山物語完登プロジェクト』前編

○八幡沢左岸スラブ
トムといっしょ(5.10a★)/ビスタの夏休み(5.9)
○母岩
タジスラ(5.9)/ジャック・フロスト(5.9)/レッドストーム(5.10b)
○父岩
小川山物語(ストーリー)B8本28m/5.9★★★
~全国区人気の初心者ルート。
11年前に一度トライしようとして登らずに断念した『小川山物語(5.9/28m)』(∵先着の同レベルの人の派手なフォールを見て回れ右した)。クライミングを再開した際、どうしても登りたくて、3年程前から「完登プロジェクト(初心者ルートで大げさな)」と銘打って準備してきた。
最近になって漸く当時のレベルまで戻ったように思われるし、中間目標として設定した5本(『ウルトラセブン(5.7/18m)』『かわいい女(5.8/20m)』『小川山ショートストーリー(5.9/16m)』『トムといっしょ(5.10a/14m)』『ビスタの夏休み(5.9/20m)』)をクリアしたため,トライしたのだが・・・・。
2箇所ある核心のうち後の方で(被った所の上)で行き詰る。5.9にしては難しすぎるのでラインを誤ったと判断し、下りようとして痛恨のフォール(フラッシュ(FL)トライ失敗)。気を取り直してラインを修正し、登り切ったが、クライミングセンスのなさを改めて自覚した。なお、妻は私のフォールを見てトップロープの練習のみ。
 2011.
9末~10初
小川山廻り目平
 (奥秩父) 
岩トレ 
フリー・
クライミング
2泊3日
○八幡沢左岸スラブ:トムといっしょ(5.10a)/ビスタの夏休み(5.9)
○母岩:命の母(5.5=Ⅳ)/タジスラ(5.9)/サドンストーリー(5.10a)★ジャック・フロスト(5.9)レッドストーム(5.10b)
○スラブ状岩壁:小川山ショートストーリー(5.9)
マルチフリー入門  母岩:エイトマン2P(5.8,5.8)
〇八幡沢周辺:ガマルート5P(5.6,5.9,5.8,5.9(左ルート),5.4=Ⅲ(ノーピン)
 天気予報が良い方に外れて全く降られず、やっと乾いた岩場でクライミングを楽しめた。好天とあって混んでいたものの、空いている岩場を登っては移動を繰り返し、思ったより本数も稼げた。今回の成果は低グレードながら苦手なスラブを何本か完登(リード・ノーテンション)出来たこと(「ビスタ」を除き、過去に完登済みのものばかり)。久々に簡単なマルチピッチ2本を登ってロープワークの確認も出来た。
2011.
9上
小川山廻り目平
 (奥秩父) 
岩トレ 
フリー・
クライミング
日帰り
〇八幡沢左岸スラブ:トムといっしょ(5.10a)/ビスタの夏休み(5.9)/走れメロス(5.10a,B&NP)
 台風の後の平日で空いていたが、岩場は濡れていていまいち。
2011.
7末~
8初
 
小川山廻り目平
 (奥秩父) 
岩トレ 
フリー・
クライミング
2泊3日
〇八幡沢左岸スラブ:トムといっしょ(5.10a)/ビスタの夏休み(5.9/Tr)/走れメロス(5.10a,B&NP)
母岩:ジャック・フロスト(5.9)/レッドストーム(5.10b)
連日梅雨に逆戻りしたような天気、もっともこれが幸いして週末なのに結構練習できた(∵2~3時間ごとににわか雨となり(土砂降り)その都度岩場が空くため)。
2011.
7上
小川山廻り目平
 (奥秩父) 
岩トレ 
フリー・
クライミング
日帰り
〇八幡沢左岸スラブ:トムといっしょ(5.10a)/ビスタの夏休み(5.9r)/走れメロス(5.10a,B&NP)
スラブは足で登らないとダメ、前回より少し感触がつかめた?
2011.
6下
小川山廻り目平
 (奥秩父) 
岩トレ 
フリー・
クライミング
日帰り
〇八幡沢左岸スラブ:トムといっしょ(5.10a)/ビスタの夏休み(5.9/Tr)/走れメロス(5.10a,B&NP)/往年の乱(5.10b)
kniferidgeも 漸く「トムといっしょ」を完登(RP)。
2011.
6中
小川山廻り目平
 (奥秩父) 
岩トレ 
フリー・
クライミング
日帰り
〇八幡沢左岸スラブ:トムといっしょ(5.10a)
〇フェニックスの大岩正面壁(5.7~5.10):右壁:カンテルート(仮称)、/中央ルート(仮称)/左壁ルート(仮称)
monchanが「トムといっしょ」を完登(RP)。
2011.
5末
小川山廻り目平
 (奥秩父) 
岩トレ 
フリー・
クライミング
日帰り
〇スラブ状岩壁:ウルトラセブン(5.7)/かわいい女(5.8)/小川山ショートストーリー(5.9)
〇八幡沢左岸スラブ:トムといっしょ(5.10a)
1年ぶりの小川山、入門ルートにも苦戦。
2010.
5末

~6初 
小川山廻り目平
 (奥秩父) 
岩トレ 
金峰山五丈岩
 (奥秩父) 
ちょいバリ 
1泊2日。1日目はフリークライミング。2日目は金峰山に登り五丈岩登攀。
フリー・
クライミング
〇スラブ状岩壁:ウルトラセブン(5.7)/かわいい女(5.8)
〇八幡沢左岸スラブ:トムといっしょ(5.10a)

フェニックスの大岩正面壁/右壁:カンテルート(仮称)、/中央ルート(仮称)
【金峰山五丈岩登攀】
小川山廻り目平-砂洗川中ノ沢出合-金峰山小屋-金峰山・五丈岩登攀-往路下山
五丈岩は、初めて金峰山に登った時は中段まで登って断念した。今回は、ロープ確保し、無事てっぺんに立つことが出来た。ガスっていて展望はいまいちだったが、爽快だった。
2009.
09下
小川山廻り目平
 (奥秩父) 
岩トレ 
フリー・
クライミング
日帰り
〇スラブ状岩壁:ウルトラセブン(5.7)/かわいい女(5.8)/小川山ショートストーリー(5.9)
〇八幡沢左岸スラブ:トムといっしょ(5.10a)

kniferidgeが「トムといっしょ」を何とか1テンで登ることに成功、漸くトップロープで練習することができた。上に登ってみると裏からまわってトップロープをセットできることが判明。
2009.
08上
 
乾徳山頂上岩壁
第一岩稜
(奥秩父) 
岩トレ 
本チャン風
ゲレンデ
日帰り
〇45m・2P・Ⅳ
乾徳山登山口(三富徳和830m)-道満山-扇平-杖棄岩-乾徳山往復(mon)-杖棄岩-第一岩稜大テラス-第一岩稜登攀-乾徳山(2031m)-扇平-国師ヶ原-錦晶水-登山口(三富徳和830m)
2009.
06下
小川山廻り目平
 (奥秩父) 
岩トレ 
フリー・
クライミング
1泊2日
○スラブ状岩壁:ウルトラセブン(5.7)/かわいい女(5.8)/小川山ショートストーリー(5.9)
○八幡沢左岸スラブ:トムといっしょ(5.10a)
○母岩:命の母(5.5=Ⅳ)/タジスラ(5.9)/サドンストーリー(5.10a)★ジャック・フロスト(5.9)/レッドストーム(5.10b)
初見の「トムといっしょ」は3本目までは何とか登れたが、4本目手前でフォール。
2009.
05下
小川山廻り目平
 (奥秩父) 
岩トレ 
フリー・
クライミング
1泊2日
○ガマスラブ(5.6?)
〇スラブ状岩壁:ウルトラセブン(5.7)/かわいい女(5.8)/小川山ショートストーリー(5.9)

マルチフリー入門  〇八幡沢周辺:ガマルート5P(5.6,5.9,5.8,5.9(左ルート),5.4=Ⅲ(ノーピン)
 2009.
04下
赤岩尾根
(西上州)
両神山八丁尾根
ちょいバリ
(赤岩尾根)
ハイキング(八丁尾根) 
日帰り
赤岩橋-登山口-赤岩峠(赤岩尾根取付)-赤岩岳-1583m峰-八丁峠-八丁尾根-両神山-作業道-落合橋-赤岩橋
 2009.
03下
小川山廻り目平
 (奥秩父) 
岩トレ 
 クランポントレ
フリー・
クライミング
1泊2日
○ガマスラブ(5.6?)
〇スラブ状岩壁:ウルトラセブン(5.7)/かわいい女(5.8)/小川山ショートストーリー(5.9)

 1泊2日
2008.
09上
小川山廻り目平
 (奥秩父) 
岩トレ 
フリー・
クライミング
1泊2日
〇スラブ状岩壁:ウルトラセブン(5.7)/かわいい女(5.8)/小川山ショートストーリー(5.9)
○母岩:命の母(5.5=Ⅳ)/タジスラ(5.9)/ジャック・フロスト(5.9)

マルチフリー入門   母岩:エイトマン2P(5.8,5.8)
2008.
08下
小川山廻り目平
 (奥秩父) 
岩トレ 
フリー・
クライミング
1泊2日
〇スラブ状岩壁:ウルトラセブン(5.7)/かわいい女(5.8)/小川山ショートストーリー(5.9)
マルチフリー入門 〇八幡沢周辺:ガマルート5P(5.6,5.9,5.8,5.9(左ルート),5.4=Ⅲ(ノーピン)
2008.
08中
小川山廻り目平
 (奥秩父) 
岩トレ 
フリー・
クライミング
1泊2日
○ガマスラブ(5.6?)
〇スラブ状岩壁:ウルトラセブン(5.7)/かわいい女(5.8)/小川山ショートストーリー(5.9)

○母岩:命の母(5.5=Ⅳ)/タジスラ(5.9)/ジャック・フロスト(5.9)
 2007.
10上
小川山廻り目平
 (奥秩父) 
岩トレ 
フリー・
クライミング
1泊2日
○ガマスラブ(5.6?)
〇スラブ状岩壁:ウルトラセブン(5.7)/かわいい女(5.8)/小川山ショートストーリー(5.9)

○母岩:命の母(5.5=Ⅳ)/タジスラ(5.9)/ジャック・フロスト(5.9)
 2007.
08中
小川山廻り目平
 (奥秩父) 
岩トレ 
フリー・
クライミング
1泊2日
○ガマスラブ(5.6?)
〇スラブ状岩壁:ウルトラセブン(5.7)/かわいい女(5.8)/小川山ショートストーリー(5.9)
 ページtopへ
015奥秩父・奥多摩  
   2007~2013年  1994~2006年
 山の手帳
山行の目的・類型の表示について(暫定) 
山行目的 (以下は典型例)  山行の類型 (ルートのタイプ・難易別)
 百名山
日本百名山登頂を目的とする山行(夫婦で初めて登った時に表示)
 ハイキング
一般道のある山のピークハント・縦走等、歩き主体の山行(無雪期)。
展望・紅葉
展望(写真)、紅葉狩り・高山植物観察等
雪山
雪山(新雪期・積雪期・残雪期)山行
一般ルートの場合はグレード併記
バリエーションルートの場合は登攀タイプ・グレード等を別途表記
 
ウェストン
ウェストンが滞日期間中に登った山・ルートのトレースを目的とする山行。
通常の一般道からバリエーションルートまで多様。ウェストンが歩いた頃は一般ルートでも現在は廃道となったものが少なくなく、経路不明、ルートファインディングが困難なものも少なくない。
ちょいバリ
 
一般難ルート~バリエーション入門ルート(ルートファインディングが必要、ロープ確保や懸垂下降の場面もある、やや困難なルート)を辿る山行
(例)西穂奥穂縦走・北鎌尾根・前穂北尾根等
○○トレ
フリークライミング、クランポン登攀等のゲレンデトレーニング
バリエーション
登攀タイプ
グレード
を表示
一般ルートより明らかに(質的に)困難なバリエーションルート(通常ロープ確保が必要)を辿る山行。
クライミング等が目的の山行は、通常、バリエーションルートで行われるので、より具体的に「登攀タイプとルートグレード(レベル)」を示す。
難路挑戦
本チャン(高所クライミング)、マルチ・フリークライミング、沢登り等のほか、一般登山者から見て困難なルートへの挑戦を目的とする山行 
山の手帳


直線上に配置