山域別山行一覧

山の手帳(最新山行速報) >  山域別山行一覧 > 050御嶽・中央アルプス北部
山の手帳別冊(アーカイブ)
 1.西上州・奥秩父・奥多摩
 010西上州
妙義山等
 015奥秩父・奥多摩
小川山廻り目平
2.八ヶ岳
 020北八ヶ岳周辺
美ヶ原・北横岳・天狗岳
 021南八ヶ岳
赤岳・横岳・阿弥陀岳等
 3.北アルプス
 030北部・中部
立山・剱・白馬・鹿島槍
 035南部
槍・穂高等
4.南アルプス
 040北部
北岳・甲斐駒・仙丈等
 045中部・南部
塩見・荒川・赤石・聖
 5.御嶽・中央アルプス・丹沢・富士周辺
050御嶽
中央アルプス
052丹沢 055富士山と
その周辺
6.北日本 
 060北海道
 062東北
7.東日本(1~6を除く) 
070那須・常陸・尾瀬・日光  072上信越国境
8.西日本(3を除く) 
080北陸・近畿 082中国・四国 084九州

5.中央アルプス・御嶽・丹沢・富士周辺
050中央アルプス御岳
 年月
山名・ルート等
目的 
 類型
 メンバー
夫婦二人時は記載せず
 メモ(日程・コース・コースタイム等)
〇行動時間は休憩写真等すべての所要時間を含みます。
〇区間コースタイムはその区間途中の休憩時間(概ね1時間に1回5~10分)を含みます。
∴行動時間=区間コースタイム合計+各ポイントで明示されている休憩写真等の時間合計
*山行記録があるものはそちらを参照してください。
○交通手段は記載がない場合は車
2013
05初
空木岳池山尾根
(中央アルプス)
 展望
雪山中級 *大地獄・小地獄付近は雪の状態により要ロープ 
〇前夜発1泊2日(2350m地点で幕営)
 アクセス 駒ヶ根ICより駒ヶ根高原スキー場の先の林道終点まで車で25分
 1日目
晴れのち
小雪
【池山尾根より空木岳登頂後同尾根2350m地点で幕営】
〇行動時間11時間10分(休憩・写真等含む)
 林道終点P(1250m)--8分--登山道入口(1215m)--22分--旧林道終点(1370m)--37分--鷹射場(池山分岐)--40分--池山(1774m)--20分--池山小屋分岐水場(1750m)--1時間(アイゼン装着15分含む)--マセ薙ぎ(2000m)--1時間19分--橋(大地獄)--36分(ロープ使用)--夏道・冬道分岐のコル(休憩等10分)--冬道1時間8分--迷尾根の頭(2282m峰・休憩等10分)--15分--ヨナ沢の頭(2320m・写真5分)--10分--2350m地点--40分--2440m地点(荷物デポ等15分)--20分--2528m峰--30分--駒石--41分--駒峰ヒュッテ(2790m・休憩4分)--15分--空木岳(2864m・休憩5分)--往路53分--2440m地点(荷物回収7分)--20分--2350m地点(幕営地)
2日目
晴れ
【池山尾根2350m地点より往路下山】
〇行動時間6時間50分(休憩・写真・道迷いの時間含む)
 幕営地--9分--ヨナ沢の頭(写真11分)--1時間5分(道迷い及び写真(推定40分)含む)--迷尾根の頭(下降準備25分)--1時間40分(懸垂下降10m*5ピッチ)--夏道・冬道分岐のコル(休憩写真10分)--25分--橋(大地獄)--44分--マセ薙ぎ--1時間--池山小屋分岐水場(休憩5分)--遊歩道経由56分--林道終点P
〇このコースは17年前の紅葉期に木曽駒からの縦走の際、下山時に歩いたことがある。難所といっても当時から鎖・梯子が設置されており、問題になる箇所はなかったと記憶していた。ところが、東尾根に当たる池山尾根は雪が多く1800m以上はずっと雪道、アイスバーンになっている箇所も多かった。
〇このため、①大地獄・小地獄(迷尾根基部のトラバース)、②小地獄手前~迷尾根の頭(冬の直登路でトラバース道ではない)の通過は気が抜けなかった。
①の大地獄は氷化した箇所が多く、その後の小地獄は急な雪壁の長いトラバースでここを安全に通過するには50mロープが必要。
私たちは小地獄手前から②の冬道を辿ったが、前半は氷化した痩せ尾根の通過、後半には池山尾根と迷尾根の間のルンゼの登降(冬バリ初心者レベル)がある。特に後半は最大50°位・50m程の雪壁状となっており、半マストビレーの練習のため携行していた20mロープが大いに役立った。
〇なお、入山日の前日に前記難所で滑落死亡事故が発生しており、山岳救助隊による収容作業が行われていた。
2010
05初
木曽駒ヶ岳
上松Aコース
(中央アルプス)
 ウェストン
雪山中級 *ナイフリッジの通過は雪の状況により要ロープ。 
〇前夜発幕営1泊2日
○二合目登山口より上松尾根を登って八合目先で幕営、二日目に駒ヶ岳往復後、往路を下山。
 アクセス
(前夜)
中央道中央道伊那ICより国道361号国道19号経由でアルプス山荘(上松町)先の登山口(駐車場有)まで車で1時間20分
 1日目
晴れ

【上松尾根を八合目先の幕営地まで】
〇行動時間6時間26分(写真・休憩含む)
二合目登山口--30分--敬神ノ滝小屋--1時間--四合目--52分--金懸小屋(五合目1914m・休憩6分)--42分--らくだの背--1時間5分--天岩戸(休憩・アイゼン着用15分)--1時間3分--八合目手前の展望地(休憩10分)--43分--八合目先の小ピーク(不動明王像・幕営)
2日目
晴れ
【駒ヶ岳往復後・往路下山】
〇行動時間11時間13分(写真・休憩・撤収等含む)
幕営地--51分--ナイフリッジの通過54分 (ロープ使用30m*2P) --コンテ25分--上松Bコース合流点(休憩9分)--11分--木曽前岳--15分--玉ノ窪山荘--30分--頂上木曽小屋--10分--駒ヶ岳(休憩13分)--59分--ナイフリッジの通過44分(ロープ使用30m*2P)--16分--幕営地(撤収等1時間25分)--1時間25分(道迷いあり)--七合目17:12--1時間10分--金懸小屋(五合目)--1時間36分--二合目登山口
〇ウェストンが木曽駒登頂時に登ったルート。
〇五合半頃から雪を見るようになり7合辺りから雪道。
〇前岳手前の雪のナイフリッジ(50m強)が核心,登りは堅雪下りは軟雪でいずれも不安だったので往復とも30mロープを出して通過した。
〇9合目以降は夏道が出ていた。
●2日とも気温が高く融けて前日の自分たち踏跡すらわからない状態。GWなのに入山者が少ないのには驚いた(初日に1人すれ違ったのみ)。
2009.
10初
千畳敷より
宝剣岳
 紅葉
ハイキング
日帰り
千畳敷-乗越浄土-宝剣岳-三ノ沢岳分岐-極楽平-千畳敷
2009.
01初
 
宝剣岳
木曽駒ヶ岳
(中央アルプス)
 展望
 雪山中級
前夜発1泊2日(宝剣山荘泊)
○千畳敷より宝剣山荘をベースに、初日は宝剣岳往復(*)、翌日は駒ヶ岳往復後往路下山。
 交通 駒ヶ根駐車場(菅の台BC)=(バス*)=しらび平=(*駒ヶ岳ロープウェイ)=>千畳敷
 1日目 【宝剣岳】
千畳敷--1時間17分--宝剣山荘--1時間30分(
*)--宝剣岳--1時間15分(*)--宝剣山荘(宿泊)
2日目 【木曾駒ヶ岳】
宝剣山荘--40分--駒ヶ岳--32分--宝剣山荘--35分--千畳敷
☆中岳、駒ヶ岳からは宝剣岳、南アルプスのパノラマ、和合山から宝剣岳の朝焼け。
(*)冬季は要ロープ(30mロープで4ピッチ(各20~30m))
1997.10
恵那山
百名山
ハイキング
 前日涸沢発日帰り。涸沢紅葉狩りの帰りに、黒井沢より恵那山往復。
【恵那山黒井沢登山口までのアクセス(前日)】
涸沢--3時間25分--上高地=バス45分=沢渡大橋=(国158)1時間=松本IC=(長野道・中央道1時間30分)=中津川IC=(国19・国257・国418・林道1時間15分)=黒井沢登山口手前4㎞地点(以下臨時P)*
*川上(かおれ)の先で林道不通となっていたため
〇曇り
〇行動時間7時間45分(休憩含む)
臨時P*--林道歩き1時間5分--黒井沢登山口(1170m/休憩10分)--30分--休憩小屋(1350m)--30分--水場(1680m/休憩10分)--10分--野熊の池(1710m)--1時間25分--山頂小屋--5分--恵那山(写真休憩20分)--10分--山頂小屋--1時間50分--休憩小屋--25分--黒井沢登山口--55分--臨時P*
〇終日日射しがなく、頂上展望も得られなかった。
1996.
09下
 
木曽駒ヶ岳
空木岳縦走
百名山
 紅葉
ハイキング
前夜発1泊2日(木曾殿山荘泊)
○紅葉の千畳敷から宝剣山荘へ上がり、木曽駒往復。宝剣岳より檜尾岳を経て木曾殿山荘泊。翌日空木岳登頂後、池山尾根を駒ヶ根へ下った。
 交通 駒ヶ根駐車場(菅の台BC)=(バス*)=しらび平=(*駒ヶ岳ロープウェイ)=>千畳敷
 1日目 〇行動時間6時間17分
千畳敷(☆☆)--25分--宝剣山荘(+木曽駒ヶ岳(☆)往復1時間20分(休憩込))--7分--宝剣岳(☆☆)--1時間10分--濁沢大峰--1時間--檜尾岳--50分--熊沢岳--1時間5分--東川岳--20分--木曽殿越(泊)
2日目 〇行動時間5時間5分(頂上休憩30分含む)
木曽殿越--1時間--空木岳(☆写真等30分)--7分--駒峰ヒュッテ--13分--駒石--40分--空木カール分岐--1時間50分--池山小屋--45分--駒ヶ根(菅の台)駐車場
*千畳敷の紅葉期に当たりバス・ロープウェイ共に激込み。
〇今回は紅葉の千畳敷が一番だが、展望は宝剣岳が最高。既に登っていた木曽駒を往復したせいでゆっくり写真を撮れなかったのは残念。
〇空木岳は天気が今一つだったものの、一瞬だけ南アルプス北部の山々の背後が焼けて綺麗だった。
1996.
04中
木曽駒ヶ岳
百名山
 アイゼントレ
雪山初級
千畳敷より往復。前夜発日帰り
○交通
駒ヶ根駐車場(菅の台BC)<=(バス)=しらび平=(駒ヶ岳ロープウェイ)=>千畳敷
○行動時間5時間20分(頂上での停滞時間40分含む)
千畳敷--1時間30分--乗越浄土--10分--宝剣山荘--1時間40分--木曽駒ヶ岳(40分停滞(ホワイトアウト))--35分--宝剣山荘--45分--千畳敷
○GWの奥穂登頂のための雪上訓練。宝剣岳は要ロープのため断念
●駒ヶ岳頂上でホワイトアウト
1995.
08中
御岳
百名山
ハイキング
田の原より剣が峰・二ノ池往復。前夜発日帰り
〇行動時間4時間58分(頂上休憩20分含む)
田の原(七合目)--55分--八合目避難小屋--30分--九合目避難小屋--23分--王滝頂上--30分--剣が峰(休憩20分)--50分--二ノ池--(往路下山1時間30分)--田の原
○暑さを避けてヘッデン登山。御嶽教の登拝者ばかりで、信仰の山ということを実感させられた山行だった(時代劇の世界にタイムスリップしたみたい)
 ページtopへ
山の手帳 
山行の目的・類型の表示について(暫定) 
山行目的 (以下は典型例)  山行の類型 (ルートのタイプ・難易別)
 百名山
日本百名山登頂を目的とする山行(夫婦で初めて登った時に表示)
 ハイキング
一般道のある山のピークハント・縦走等、歩き主体の山行(無雪期)。
展望・紅葉
展望(写真)、紅葉狩り・高山植物観察等
雪山
雪山(新雪期・積雪期・残雪期)山行
一般ルートの場合はグレード併記
バリエーションルートの場合は登攀タイプ・グレード等を別途表記
 
ウェストン
ウェストンが滞日期間中に登った山・ルートのトレースを目的とする山行。
通常の一般道からバリエーションルートまで多様。ウェストンが歩いた頃は一般ルートでも現在は廃道となったものが少なくなく、経路不明、ルートファインディングが困難なものも少なくない。
ちょいバリ
 
一般難ルート~バリエーション入門ルート(ルートファインディングが必要、ロープ確保や懸垂下降の場面もある、やや困難なルート)を辿る山行
(例)西穂奥穂縦走・北鎌尾根・前穂北尾根等
○○トレ
フリークライミング、クランポン登攀等のゲレンデトレーニング
バリエーション
登攀タイプ
グレード
を表示
一般ルートより明らかに(質的に)困難なバリエーションルート(通常ロープ確保が必要)を辿る山行。
クライミング等が目的の山行は、通常、バリエーションルートで行われるので、より具体的に「登攀タイプとルートグレード(レベル)」を示す。
難路挑戦
本チャン(高所クライミング)、マルチ・フリークライミング、沢登り等のほか、一般登山者から見て困難なルートへの挑戦を目的とする山行 
山の手帳 


直線上に配置