山域別山行一覧

山の手帳(最新山行速報) >  山域別山行一覧 > 072上信越国境
山の手帳別冊(アーカイブ)
 1.西上州・奥秩父・奥多摩
 010西上州
妙義山等
 015奥秩父・奥多摩
小川山廻り目平
2.八ヶ岳
 020北八ヶ岳周辺
美ヶ原・北横岳・天狗岳
 021南八ヶ岳
赤岳・横岳・阿弥陀岳等
 3.北アルプス
 030北部・中部
立山・剱・白馬・鹿島槍
 035南部
槍・穂高等
4.南アルプス
 040北部
北岳・甲斐駒・仙丈等
 045中部・南部
塩見・荒川・赤石・聖
 5.御嶽・中央アルプス・丹沢・富士周辺
050御嶽
中央アルプス
052丹沢 055富士山と
その周辺
6.北日本 
 060北海道
 062東北
7.東日本(1~6を除く) 
070那須・常陸・尾瀬・日光  072上信越国境
8.西日本(3を除く) 
080北陸・近畿 082中国・四国 084九州

7.東日本(1~6を除く) 
   072上信越国境 
 年月
山名・ルート等
目的 
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10
 類型
 メンバー
夫婦二人時は記載せず
 メモ(日程・コース・コースタイム等)
〇行動時間は休憩写真等すべての所要時間を含みます。
〇区間コースタイムはその区間途中の休憩時間(概ね1時間に1回5~10分)を含みます。
∴行動時間=区間コースタイム合計+各ポイントで明示されている休憩写真等の時間合計
*山行記録があるものはそちらを参照してください。
○交通手段は記載がない場合は車

 2014.03
谷川岳
天神尾根
上越国境
雪洞体験
 ピークハント
雪山初級
1泊2日(熊穴沢の頭手前で雪洞泊)
○谷川岳のピークハントは1995年4月以来。その時は視界がなくトマの耳(南峰1963m)だけで、双耳峰のもう一つのピーク,オキの耳(北峰1977m)は断念していた。当時読んだ深田久弥氏の『日本百名山(朝日文庫)』には、谷川岳の標高が1963m(トマの耳)となっており、百名山を終えたときは大して気にかけていなかった。
最高点を踏んでいない日本百名山は、他に大山(剣ヶ峰)、焼岳(南峰)、浅間山等があるが、これらは立ち入り規制がされているのに対し、オキノ耳にはそのような制限がなく、最近山行データを整理しているうち、そのことが気になりはじめた。そこで、これまたのびのびになっていた雪洞体験とセットにして、お手軽な天神尾根からオキの耳を目指すことにした。
アクセス
〇関越道水上ICより国道291号で谷川岳ロープウェイ土合口駅駐車場まで20分
都筑IC=(第三京浜・環八・笹目通・関越道/3時間35分(渋滞あり))=水上IC=(国291/20分)=土合口駅駐車場
1日目
晴れ
【アプローチ】土合口駅=(谷川岳ロープウェイ10分)=天神平駅
*天神平駅~天神峠のリフトは登山者の利用不可。
【天神平より熊穴沢の頭まで登り、雪洞堀り】
〇行動時間50分(天神平駅~熊穴沢ノ頭、雪洞造り除く)

天神平駅-30分-天神尾根・田尻尾根分岐(休憩・写真10分)-10分-熊穴沢ノ頭の手前の尾根上(雪洞泊)
〇気温はロープウェイ駅の掲示では朝8時で0℃くらい。
〇熊穴沢ノ頭の少し手前の尾根上に古い雪洞を発見、その付近は傾斜が緩すぎて新規に作るのは大変そうなので(排雪)これを拡張して使用した(改造に梃子摺り5時間以上かかった)。
 
2日目
晴れ
【トマの耳・オキの耳登頂後、往路下山】
〇行動時間3時間18分(以下の①~③+⑤の合計)

①オキの耳登頂:1時間43分(途中休憩・写真含む)
②オキの耳休憩:15分
③オキの耳~ビバーク地:55分(途中休憩・写真含む)
④休憩・撤収等:1時間30分
⑤熊穴沢の頭~天神平:25分(写真含む)
ビバーク地-3分-熊穴沢ノ頭-10分-熊穴沢避難小屋(*)-1時間5分-肩の小屋-10分-トマの耳(写真5分)-10分-オキの耳(写真・休憩15分)-10分-トマの耳(写真5分)-5分-肩の小屋-25分-熊穴沢避難小屋-10分-ビバーク地(休憩・撤収1時間30分)-25分-天神平駅
*雪に埋もれて鉄柱が出ているだけ、19年前より雪が多い。因みに、天神平で積雪は440cmだった。
〇漸く立ったオキの耳からトマの耳を振り返るとなだらかな越後側に対し上州側は切れ落ちていて、谷川岳が非対称山稜であることを改めて実感した。
〇こんな手軽(天神尾根往復なら)、かつ、2000m足らずの山で、これだけ迫力のある雪稜風景を堪能できるところはあまりないような気がする。谷川岳は、アクセス・アプローチも良好で、関東方面の人にとって、確かに『近くて良い山』だと思った。
2010.07
火打山
信越国境・頚城三山
ハイキング
幕営1泊2日
笹ヶ峰-黒沢橋-十二曲り-富士見平-高谷池-火打山往復-高谷池(幕営)-往路下山
2009.10
御前ヶ遊窟 
下越
 紅葉
ちょいバリ
棒目貫駐車場-林道終点(登山口)-鍬ノ沢渡渉点(右岸に渡る)-タツミ沢入口(道標)-シジミ沢出合-シジミ沢大スラブ歩き-御前ヶ遊窟-ソウケイ新道(尾根道)-タツミ沢出合-タツミ沢入口-往路下山
2006.10
戸隠西岳P1尾根
北信
 難路挑戦
ちょいバリ
戸隠キャンプ場より日帰り(前日偵察)
林道ゲート-登山道入口-上楠川橋分岐-大平-望岳台-熊の遊び場-無念の峰(懸垂下降)-蟻ノ戸渡り・不帰ノ剣-第一峰(P1)-西岳-キレット-本院岳-マイナーピーク-板倉清水-八方睨-剣の刃渡り・蟻ノ戸渡り(巻道ロープ使用)-西窟-戸隠奥社-林道ゲート
*ロープ使用・12時間35分(休憩等全て含む)

2001.05
谷川岳一ノ倉沢
烏帽子岩南稜
谷川連峰
鷹取スクール
ルートクライミング
講習
岩稜岩壁
登攀初級
鷹取スクール6人 
日帰り
登山指導センター-一ノ倉沢出合-テールリッジ取付-中央稜取付-南稜テラス-南稜登攀6P・懸垂下降5P-南稜テラス-往路下山

2000.10
鳥甲山
北信
 紅葉
ハイキング
1泊2日(のよさの里泊)SさんKn&Mon
狢平→屋敷
2000.
03中
白毛門
谷川連峰
展望
雪山中級
〇日帰り
〇白毛門登山口(土合橋)より往復。
【アクセス(当日未明)】水上ICより車で30分
都筑IC=(第三京浜・首都高)1時間=練馬IC=(関越道1時間30分)=水上IC=(国291)30分=谷川岳ロープウェイ駅駐車場/所要時間3時間
【アプローチ】
谷川岳ロープウェイ駅駐車場<--徒歩15~20分-->白毛門登山口(土合橋)
【白毛門】晴れ

〇行動時間7時間10分(写真・休憩含む)
白毛門登山口(土合橋)--1時間5分--1000m地点(休憩10分)-- 1時間30分--松ノ木沢の頭(☆☆☆写真・アイゼン装着30分)--50分--白毛門(☆☆☆写真・昼食45分)--40分--松ノ木沢の頭(☆☆☆写真10分)--1時間30分--白毛門登山口
●当日未明発としたのが祟り、土合駅の駐車場は満車。谷川岳ロープウェイの駐車場へ車を止めた。
〇1150m付近より右手に雪庇が出ていたが、左手の樹林寄りに歩けば問題なかった。
〇40°以上といわれる頂上直下の雪壁は適度に締まった雪で然程問題なかった。
〇松ノ木沢の頭、白毛門頂上は谷川岳の最高の展望台。
〇豪雪の山ということでワカンを持っていたが、3月になると雪は締まっているし、週末で入山者も多く出番はなかった。
●松ノ木沢の頭でレンズ交換の際、お気に入りのレンズを落としてしまい大ショック(沢筋を転げて行った)。
1999.
10下
湯の丸山
東信
ハイキング
地蔵峠(湯の丸高原)より往復,日帰り
〇午前中に高岩(西上州)に登り、午後残った時間で湯の丸山に登った。
【アクセス】小諸ICより車で20分
赤坂入口(西上州「高岩」下山後)=3分=(上信越道25分)=小諸IC=20分=湯の丸高原
〇行動時間2時間25分(休憩等含む)
地蔵峠--15分--リフト終点--13分--つつじ平--46分--湯の丸山(休憩等15分)--40分--リフト終点--16分--地蔵峠
●レンゲつつじの紅葉は終わっていた。機会があったら花の季節に再訪してみたい。
1998.
04中
巻機山
上越国境
 百名山
雪山初級
前夜発1泊2日(避難小屋泊)
清水から井戸尾根を登って巻機山往復 
アクセス
前夜
○関越道六日町ICより清水まで40分
都筑IC=(第三京浜・環八/1時間)=練馬IC=(関越道2時間)=六日町IC=(国17・国291)40分=清水
1日目
晴れのち曇り
〇行動時間7時間25分(写真・休憩・昼食含む)
清水--2時間10分--焼松--1時間20分--6合目展望台(休憩10分)--1時間--檜穴の段(☆☆写真20分)--25分--前巻機(☆写真・休憩15分)--10分--避難小屋--35分--巻機山(☆写真・昼食30分)--30分--避難小屋(泊) 
2日目
曇り時々晴れ
〇行動時間3時間35分(休憩含む)
避難小屋--10分--前巻機(☆写真15分)--30分--6合目展望台--2時間40分--清水
〇登山口より残雪があったが、雪が締まっていて歩きやすかった(この時期なら十分日帰り可能)。
●檜穴の段より上は風が強かった。
〇晴れていれば頂上からの展望はよさそう。越後三山が見えたが雲が多く残念。
〇下山時に見えた大源太山がかっこよかった。
1997.
10初
苗場山
信越国境
 百名山
ハイキング
祓川登山口(かぐらスキー場)より往復,前夜発日帰り
【アクセス(前夜)】
都筑IC=(第三京浜・首都高)1時間=練馬IC=(関越道2時間+仮眠等4時間30分)=湯沢IC=((国17・苗場山林道)40分)=かぐらスキー場第二リフト町営駐車場
/所要時間3時間40分+仮眠4時間30分
〇曇り
〇行動時間6時間35分(写真・休憩含む)
第二リフト町営駐車場--25分--和田小屋--45分--下ノ芝--35分--中ノ芝(☆☆紅葉・写真20分)--20分--神楽ヶ峰--10分--雷清水--40分--苗場山(高層湿原散策1時間)--45分--神楽ヶ峰--45分--下ノ芝--50分--第二リフト町営駐車場
〇中ノ芝の紅葉が綺麗だった。
〇山頂は広大な高層湿原、天気の良い日に再訪してみたい百名山の一つ。
1997.
09中
平ヶ岳
上越国境
 百名山
ハイキング
鷹ノ巣登山口から往復,前夜発日帰り
【アクセス(前夜)】
都筑IC=(第三京浜・環八)50分=川口JCT=(東北道1時間30分+仮眠4時間)=西那須野塩原IC=((国400・国121・国352)1時間50分)=桧枝岐=(国352)20分=平ヶ岳登山口(鷹ノ巣)
〇曇り
〇行動時間9時間35分(写真・休憩含む)
鷹ノ巣登山口--35分--前坂(休憩10分)--45分--下台倉山(休憩10分)--35分--台倉山--10分--台倉清水(休憩5分)--35分--白沢清水(休憩5分)--1時間10分--池ノ岳--25分--平ヶ岳(写真20分)--30分--玉子石(写真20分)--20分--池ノ岳--40分--白沢清水--45分--台倉山--40分--下台倉山--35分--前坂--50分(写真20分含む)--鷹ノ巣登山口
●行程の大部分が樹林帯の中で展望が利かないし、下台倉山~台倉山はドロドロにぬかるんでいてスリップし、酷く汚れた。この山は慣れていれば長靴で登った方が良いかもしれない。
●頂上付近は高層湿原が広がり、池塘や玉子石を配した風景は晴れていれば、印象が違ったのだろうが・・・・。
●平ヶ岳と鳥海山で撮ったフィルムを紛失。
【帰りは関越道】
鷹ノ巣=(国352)1時間=銀山平=(シルバーライン国352県70国291)30分=小出IC=(関越道2時間40分)=練馬IC=(環八・第三京浜1時間20分)=都筑IC
/所要時間6時間20分+休憩1時間20分)
1997.
04中
越後駒ヶ岳
中越・越後三山
 百名山
雪山初中級
前夜発1泊2日(駒ノ小屋泊。駒ノ湯より往復
 アクセス(前夜) 〇関越道小出ICより25分
都筑IC=(第三京浜・環八50分)=練馬IC=(関越道2時間20分)=小出IC=(国291・県70・国352・県518)25分=駒の湯駒ヶ岳登山口(車中仮眠)
1日目
晴れ時々
曇り
 
【駒ヶ岳登頂】
〇行動時間7時間55分(休憩を含み、頂上での写真の時間を除く)
駒の湯(☆)--1時間45分--栗の木の頭--2時間15分--小倉山(☆写真・休憩20分)--2時間40分--駒の小屋(☆☆休憩30分)--15分--駒ヶ岳(☆☆☆写真1時間30分)--10分--駒の小屋(泊)
〇栗の木の頭より下は夏道が出ていた。
●小倉山の登り及び前駒~駒の小屋の急登は高度感があり、ちょっと怖かった。
〇入山者は多かったが、ほとんどが日帰りの山スキーヤーだった。
2日目
晴れ
 
【再登後、下山】
〇行動時間3時間30分(休憩を含み、頂上での写真の時間を除く)
駒の小屋--10分--駒ヶ岳(☆☆☆写真・朝食3時間)--10分--駒の小屋(下山準備30分)--40分--小倉山--2時間--駒の湯 
〇駒ヶ岳山頂からは、荒沢岳・中の岳・八海山の展望が良かった。また、北アルプス並に迫力のある雪稜が続き、朝夕は特に素晴らしい。
●小倉山の下で尾根が東西に分かれ(東が正解)、下降時西側の尾根に迷い込みやすいので要注意。 
1996.
04上
浅間山(黒斑山)
上信国境
 百名山
 展望
雪山入門
車坂峠より外輪山の黒斑山*を往復(日帰り)
*浅間山は活火山で、その時の活動レベルに応じて入山規制がなされている。1996年は当該規制のため、黒斑山までしか登れなかった
〇行動時間4時間48分(写真・朝食1時間35分含む)
車坂峠--1時間20分--トーミの頭(朝食15分)--33分--黒斑山(写真休憩1時間20分☆☆)--30分--トーミの頭--50分--車坂峠
○下山後浅間2000スキー場で10年ぶりにゲレンデスキー。
1995.
10下
高妻山
信越国境・戸隠連峰
 百名山
 
妙高山
信越国境・頚城三山
百名山
ハイキング
前夜発1泊2日。百名山2座(高妻山・妙高山)登頂。  
1日目 【高妻山】行動時間7時間15分
戸隠キャンプ場--(1時間40分)--一不動避難小屋(休憩25分)--(35分)--五地蔵岳--(30分)--八丁ダルミ--(50分)--高妻山(休憩30分)--(2時間45分)--戸隠キャンプ場(幕営) 
2日目 【妙高山】行動時間5時間45分
燕温泉--(30分)--麻平--(20分)--大倉沢--(45分)--黄金清水--(50分)--大倉乗越分岐--(55分)--妙高山(休憩35分)--(40分)--天狗堂--(25分)--称名滝--(25分)--麻平--(20分)--燕温泉
●戸隠キャンプ場は既に営業終了していた。
1995.
05末
雨飾山
信越国境・頚城山塊
百名山 
雪山中級
小谷温泉休憩舎より往復,前夜発日帰り
〇行動時間8時間55分(写真・昼食1時間50分含む)
〇行動時間8時間55分(写真・昼食1時間50分含む)
小谷温泉休憩舎--2時間45分--荒菅沢--1時間20分--笹平(1894m・写真20分)--20分--雨飾山(写真・昼食1時間30分)--15分--笹平--1時間--荒菅沢--1時間25分--小谷温泉休憩舎
●登山口よりずっと残雪あり(要ピッケル・アイゼン)、トレースはあるが、特に荒菅沢周辺は不明瞭だし雪に埋もれて標識赤ペンキ等が見当たらず、ルートファインディングに苦労した。
●荒菅沢は上に巨大なスノーブロックが多数残っており、落ちてこないかヒヤヒヤしながら通過した。
○荒菅沢の残雪は2mくらい、稜線上は雪なし。
〇下山後雨飾荘で入浴
1995.
05下
火打山
妙高山(敗退)
信越国境・頚城三山
百名山 
雪山初級
笹ヶ峰より往復,前夜発1泊2日(高谷池ヒュッテ泊) 
1日目 【火打山】行動時間9時間20分(写真・休憩2時間含む)
笹ヶ峰--1時間25分--黒沢--2時間10分--富士見平(写真30分)--34分--高谷池ヒュッテ(休憩30分)--2時間16分--火打山(写真・休憩1時間)--55分--高谷池ヒュッテ(泊)
2日目 【妙高山(敗退)】行動時間8時間15分(大休止1時間・下山時道迷いあり)
高谷池ヒュッテ--40分--黒沢池ヒュッテ--1時間10分--大倉乗越(滑落敗退・登り返し大休止1時間)--30分--黒沢池ヒュッテ--1時間15分--富士見平--*3時間40分--笹ヶ峰
*十二曲がり~黒沢で道迷い
○2日で火打山・妙高山2座の予定だったが、妙高山は大倉乗越の雪壁(40°以上の急斜面)トラバースで30m近く滑落(ピッケルストップ)したため引き返した。
●妙高山の高谷池ヒュッテベースのルートは、上記、大倉乗越の通過(外輪山の火口壁をトラバースするもの)が技術的に困難。一旦下って登り返すのが無難だが、その下降は、山スキーに長けている人がスキーで滑降するか、懸垂下降となる(雪上で懸垂支点を作る、雪山中級以上の技術・経験必要)。いずれにせよ、雪山初級者には無理なのでご注意!
1995.
05初
草津白根山
 上信国境
 百名山
 
四阿山
上信国境
 百名山
雪山入門
前夜発2泊3日。百名山2座登頂。
 アクセス(前夜) 〇渋川伊香保ICより約2時間
都筑IC=(第三京浜・環八50分)=練馬IC=(関越道1時間10分)=渋川伊香保IC=(国17・県35・国145・国292)1時間50分=白根山レストハウス
1日目 【草津白根山:白根山(2138m)】
白根山レストハウス--15分--湯釜展望台--5分--白根山山頂(2138m)--*1時間20分--白根山レストハウス==>中軽井沢(貸別荘泊)
*火口を反時計回りに回って最高点(2160m)探しをしたが残雪が多いし(1m位)雨天で視界が悪く特定できなかった。雨天のためこの日の本白根山登頂は断念。なお、展望台の先は原則立入禁止。
2日目 【草津白根山:本白根山(もとしらねさん2171m)】
中軽井沢==>白根山レストハウス--25分--本白根山スキー場--15分--第3リフト上--*1時間25分--本白根山(2171m)--*1時間10分--鏡池--45分--本白根山スキー場--25分--白根山レストハウス(<-->本白根山)==>鳥居峠(車中泊)
*ガスっていて視界が悪い上、残雪が多く(1m以上)遊歩道は一部しか出ていなかった。第3リフト上からのルートファインディングが難しい。山頂は遊歩道から少し離れていてハイマツの薮漕ぎがあった。
3日目 【四阿山(2354m)】
鳥居峠--40分--的岩ルート・花童子宮(げどうじのみや)ルートの分岐(「登りの分岐」)--(花童子宮ルート1時間10分)--両ルート合流点(「下りの分岐」2040m)--1時間5分--四阿山--35分--「下りの分岐」--20分--的岩--7分--「登りの分岐」--27分--鳥居峠
○2000m以上は多いところで1m近い残雪
1995.
04中
谷川岳
上越国境
 百名山
雪山初級
天神平(天神尾根)よりトマノ耳まで。日帰り往復
【土合口までのアクセス】
〇関越道水上ICより国道291号で20分
都筑IC=(第三京浜・環八50分)=練馬IC=(関越道1時間40分)=水上IC=(国291)20分=谷川岳ロープウェイ駅P
〇行動時間5時間(天神平~トマノ耳往復)
土合口=(ロープウェイ10分・待ち時間等35分)=天神平--35分--天神峠--55分--熊穴沢避難小屋--1時間35分--肩の小屋--5分--トマの耳(休憩15分)--40分--熊穴沢避難小屋--1時間--天神平=(ロープウェイ等時間記録なし)=土合口
残雪340cm気温0℃(熊穴沢小屋)。
〇ガスっていてほとんど視界がなかった。部分的に痩せ尾根の急登もあるが、入山者が多くしっかりしたトレイルがあって不安なく歩けた。
〇天神尾根は時期を選べば(3月中旬以降)初心者でも何とか歩けるスノーハイク
 ページtopへ
 山の手帳
山行の目的・類型の表示について(暫定) 
山行目的 (以下は典型例)  山行の類型 (ルートのタイプ・難易別)
 百名山
日本百名山登頂を目的とする山行(夫婦で初めて登った時に表示)
 ハイキング
一般道のある山のピークハント・縦走等、歩き主体の山行(無雪期)。
展望・紅葉
展望(写真)、紅葉狩り・高山植物観察等
雪山
雪山(新雪期・積雪期・残雪期)山行
一般ルートの場合はグレード併記
バリエーションルートの場合は登攀タイプ・グレード等を別途表記
 
ウェストン
ウェストンが滞日期間中に登った山・ルートのトレースを目的とする山行。
通常の一般道からバリエーションルートまで多様。ウェストンが歩いた頃は一般ルートでも現在は廃道となったものが少なくなく、経路不明、ルートファインディングが困難なものも少なくない。
ちょいバリ
 
一般難ルート~バリエーション入門ルート(ルートファインディングが必要、ロープ確保や懸垂下降の場面もある、やや困難なルート)を辿る山行
(例)西穂奥穂縦走・北鎌尾根・前穂北尾根等
○○トレ
フリークライミング、クランポン登攀等のゲレンデトレーニング
バリエーション
登攀タイプ
グレード
を表示
一般ルートより明らかに(質的に)困難なバリエーションルート(通常ロープ確保が必要)を辿る山行。
クライミング等が目的の山行は、通常、バリエーションルートで行われるので、より具体的に「登攀タイプとルートグレード(レベル)」を示す。
難路挑戦
本チャン(高所クライミング)、マルチ・フリークライミング、沢登り等のほか、一般登山者から見て困難なルートへの挑戦を目的とする山行 
山の手帳 


直線上に配置