山域別山行一覧

山の手帳(最新山行速報) >  山域別山行一覧 > 082中国・四国
山の手帳別冊(アーカイブ)
 1.西上州・奥秩父・奥多摩
 010西上州
妙義山等
 015奥秩父・奥多摩
小川山廻り目平
2.八ヶ岳
 020北八ヶ岳周辺
美ヶ原・北横岳・天狗岳
 021南八ヶ岳
赤岳・横岳・阿弥陀岳等
 3.北アルプス
 030北部・中部
立山・剱・白馬・鹿島槍
 035南部
槍・穂高等
4.南アルプス
 040北部
北岳・甲斐駒・仙丈等
 045中部・南部
塩見・荒川・赤石・聖
 5.御嶽・中央アルプス・丹沢・富士周辺
050御嶽
中央アルプス
052丹沢 055富士山と
その周辺
6.北日本 
 060北海道
 062東北
7.東日本(1~6を除く) 
070那須・常陸・尾瀬・日光  072上信越国境
8.西日本(3を除く) 
080北陸・近畿 082中国・四国 084九州

8.西日本(3を除く)
082中国・四国 topへ
 年月
山名・ルート等
目的 
 類型
 メンバー
夫婦二人時は記載せず
 メモ(日程・コース・コースタイム等)
〇行動時間は休憩写真等すべての所要時間を含みます。
〇区間コースタイムはその区間途中の休憩時間(概ね1時間に1回5~10分)を含みます。
∴行動時間=区間コースタイム合計+各ポイントで明示されている休憩写真等の時間合計
*山行記録があるものはそちらを参照してください。
○交通手段は記載がない場合は車

 2014年
4月中

伯耆大山
弥山~剣ヶ峰
縦走
中国山地
ピークハント
(剣ヶ峰)
 
難路挑戦 
雪山中上級
1998年正月に断念した剣ヶ峰の登頂と雪稜トレーニングが目的の山行 
アクセス
行程等
〇前夜発1泊2日(米子より日帰り) 
 (前夜~1日目)車で米子へ移動。
通常休憩のほか車中仮眠6時間込みで約15時間
横浜青葉IC=(東名高速(御殿場JCT)新東名高速(浜松いなさJCT)東名高速(豊田JCT)伊勢湾岸道(四日市JCT)東名阪道(亀山JCT)新名神高速(草津田上JCT)名神高速(吹田JCT)中国道(落合JCT)米子道/約15時間(通常休憩の外、中国道西宮名塩SA等の計6時間仮眠を含む)=米子IC=(国431・国9・県28)=米子駅(駅前のビジネスホテル泊*)
*昼過ぎに着いたので午後は境港観光。 
 
(2日目)大山弥山~剣ヶ峰縦走。下山後往路帰浜 
2日目
快晴
【アプローチ】大山寺夏山登山口まで
米子駅=(県28・国9・県24/40分)=大山寺橋駐車場(*)
*夏山登山道・登山口直近にある下山キャンプ場及びその駐車場は残雪が多く利用不可だった。大山寺橋袂の駐車場からでも登山口まで5分足らずなので問題なし。
 
【弥山~剣ヶ峰縦走】
〇ルートは、大山寺より残雪たっぷりの夏山登山道を上がり、弥山から剣ヶ峰・天狗ヶ峰と稜線縦走。象ヶ鼻を経てユートピア避難小屋へ下り、そこから宝珠尾根へトラバース(ユートピアコース)。尾根は下らず、上宝珠越より谷筋を辿り元谷経由で(『砂すべりコース』)大山寺へ戻るもの。
〇行動時間8時間15分(①~④の合計)
①弥山登頂:2時間57分(途中休憩・写真等含む)
大山寺橋-57分-4合目(休憩・アイゼン装着等25分)-27分-6合目避難小屋(写真・休憩11分)-57分-弥山

②昼食・縦走準備等(弥山):38分
③稜線縦走1時間34分(途中休憩・写真等含む)
弥山-57分-剣ヶ峰(休憩・写真24分)-8分-天狗ヶ峰(写真5分)
④下山:3時間6分(途中休憩・写真等含む)
天狗ヶ峰-56分-ユートピア避難小屋(休憩・写真20分)-25分-上宝珠越-1時間5分-大神山神社奥宮(参拝5分)-15分-大山寺橋駐車場
 
核心はやはり『ラクダの背』で、雪がなくなった幅20cm程の段違い平行棒のようなナイフリッジが続く。傾斜がなく見た目はそうでもないが、一歩踏み出すと見かけよりずっと危険であることがわかる。それは、当該部分は砂礫の上にボロボロの岩が載った痩せ尾根で信頼できるホールドも支点も得られないから。
●その前後が雪稜となっているためクランポンを履いたままコンテで通過したが、クランポンのひっかけやホールドのすっぽ抜けでバランスを崩すと2人とも転落しかねない。そこで、下りの部分は安全策を採り馬乗りになって通過した(弥山~剣ヶ峰800m程に1時間もかかった)。
『砂すべりコース』も危険で人には勧められない。上部は最大50°位ある雪壁(フィックスロープはほとんど雪に埋もれている)。沢に下りると、ひっきりなしに人頭大の落石があり、これを避けるため右岸の側壁に張り付くようにして下った。
〇漸く剣ヶ峰は踏めたが、危険回避に有効な手段が限られており、リスクを冒してまでもう一度トライすることはないだろう。
〇どうしても剣ヶ峰を踏みたい人はユートピアコース往復が相対的に安全と思われる。
●なお、雪稜トレーニングには少し時期が遅すぎ残念。
1997年末~
1998年始

中国・四国遠征
剣山
四国
百名山 
 
石鎚山
四国
百名山 
 
伯耆大山
中国
百名山 
 
雪山初級
1997年~98年の年末年始は中国四国の百名山3座 
交通
行程等
【行程】 
〇前夜発3泊4日(初日、3日目は移動日。最終日の午後から帰浜) 
(前夜)夜行バスで高松へ移動
(1日目)剣山:見ノ越より往復。下山後石鎚山登山口へ移動(車中泊)
(2日目)石鎚山:成就より往復後高松道豊浜SAで車中泊 
(3日目)米子へ移動、市内のビジネスホテル泊
(4日目)大山寺より大山(弥山)往復、下山後夜行バスで帰浜
【交通手段等】
〇横浜駅=夜行バス=>高松駅 
〇四国内の移動:レンタカー 
〇高松駅=JR=>米子駅 
○米子駅<=(バス50分)=>大山寺 
〇米子駅=夜行バス=>横浜Ycat 
1日目
曇り
【高松駅から剣山(見ノ越)へのアクセス】レンタカー利用
高松駅=(国11)=徳島IC=(徳島道)=美馬IC=(国192・国438)=剣神社駐車場(見ノ越)/所要時間4時間30分
【見ノ越より剣山往復】
〇行動時間2時間23分(休憩含む)
剣神社--45分--西島神社--45分--剣山(写真15分)--18分--西島神社--20分--剣神社
〇積雪は北斜面で20~30㎝
●山頂はガスっていて展望がなかった。 
【見ノ越から石鎚山(成就)へのアクセス】
見ノ越=(国438国192)=三島川之江IC
*=(松山道)=いよ西条IC=(国11県142県12)=石鎚ロープウェイ前(車中泊)/所要3時間40分
*徳島道開通により、現在は美馬ICより高速利用可能
見ノ越=(国438国192)=美馬IC=(徳島道)=川之江JCT=(松山道)=いよ西条IC=(国11県142県12)=石鎚ロープウェイ前/所要約3時間 
 2日目
晴れ
 
【成就より石鎚山往復】
〇行動時間8時間50分(ロープウェイ・写真・休憩含む)
〇山頂成就駅~天狗岳往復6時間40分(写真・休憩含む)
山麓下谷駅=(ロープウェイ(乗車8分)待ち時間等込み1時間)=山頂成就駅--25分--石鎚神社成就社--50分--前社森(休憩10分)--15分--夜明峠(☆☆写真15分(霧氷))--30分--二の鎖--30分--弥山(1974m/休憩・写真20分)--10分--天狗岳(1982m/写真15分)--1時間10分--二の鎖--30分--前社森--50分--成就社(休憩10分)--20分--山頂成就駅=(ロープウェイ/待ち時間込み1時間10分)=山麓下谷駅
〇積雪は多いところで20㎝くらい。
〇夜明峠、天狗岳の霧氷が綺麗だった。 
【高松方面へ移動】
石鎚ロープウェイ前=(県12県142国11)=新居浜IC=(松山道)=川之江JCT=(高松道)=豊浜SA(車中泊)
/所要1時間20分+買い物等1時間
3日目  【米子へ移動】
豊浜SA=(高松道40分)=高松西IC=(県12県178国11/15分)=高松駅(レンタカー返却後、讃岐うどん食べ歩き等3時間)=(JR快速マリンライナー約1時間)=岡山駅(待ち時間35分)=(JR特スーパーやくも約2時間)=米子駅(ビジネスホテル泊)
 4日目
曇り時々
【大山寺までのアクセス】
米子駅=(バス50分)=大山寺

【大山寺より大山(弥山)往復】
〇行動時間4時間35分(休憩等含む)
大山寺--10分--夏道登山口--50分--4合目(休憩5分)--25分--6合目避難小屋--30分--8合目(休憩10分)--20分--大山頂上小屋--10分--弥山(写真等15分--10分--大山頂上小屋(昼食等30分)--往路下山1時間--大山寺
〇小雪混じりの天気で弥山でもほとんど視界がなかった。
〇積雪は四国の2座と比べかなり多いものの(50~60㎝)、入山者が多く、弥山までなら初心者向けスノーハイク。
●弥山より先はロープ確保した数パーティーが進んでいったが、痩せた雪稜を歩くには技術・経験不足のため、剣ヶ峰は断念。ちなみに、事前に地元警察に問い合わせた時には、「弥山~剣ヶ峰は、崩壊が進んだ痩せ尾根で(特にラクダの背付近)、無雪期より積雪期の方が安定しているが、ロープ確保が必要」と言われた。
*弥山~剣ヶ峰~天狗ヶ峰は、弥山→天狗ヶ峰方向の一方通行で、雪山中級(要ロープ)
【帰浜】下山後夜行バスで帰浜
 ページtopへ
山の手帳 
山行の目的・類型の表示について(暫定) 
山行目的 (以下は典型例)  山行の類型 (ルートのタイプ・難易別)
 百名山
日本百名山登頂を目的とする山行(夫婦で初めて登った時に表示)
 ハイキング
一般道のある山のピークハント・縦走等、歩き主体の山行(無雪期)。
展望・紅葉
展望(写真)、紅葉狩り・高山植物観察等
雪山
雪山(新雪期・積雪期・残雪期)山行
一般ルートの場合はグレード併記
バリエーションルートの場合は登攀タイプ・グレード等を別途表記
 
ウェストン
ウェストンが滞日期間中に登った山・ルートのトレースを目的とする山行。
通常の一般道からバリエーションルートまで多様。ウェストンが歩いた頃は一般ルートでも現在は廃道となったものが少なくなく、経路不明、ルートファインディングが困難なものも少なくない。
ちょいバリ
 
一般難ルート~バリエーション入門ルート(ルートファインディングが必要、ロープ確保や懸垂下降の場面もある、やや困難なルート)を辿る山行
(例)西穂奥穂縦走・北鎌尾根・前穂北尾根等
○○トレ
フリークライミング、クランポン登攀等のゲレンデトレーニング
バリエーション
登攀タイプ
グレード
を表示
一般ルートより明らかに(質的に)困難なバリエーションルート(通常ロープ確保が必要)を辿る山行。
クライミング等が目的の山行は、通常、バリエーションルートで行われるので、より具体的に「登攀タイプとルートグレード(レベル)」を示す。
難路挑戦
本チャン(高所クライミング)、マルチ・フリークライミング、沢登り等のほか、一般登山者から見て困難なルートへの挑戦を目的とする山行 
山の手帳 


直線上に配置